地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟県の医師にとっては嬉しいニュースです

<<   作成日時 : 2008/10/29 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

やっぱり仲間が増える話は嬉しいですね。ぜひ一緒にやっていきましょう!

臨床研修医、来年度21人増94人に 増加、全国で最多 新潟県内病院
記事:毎日新聞社
提供:毎日新聞社

【2008年10月28日】
臨床研修医:県内病院、来年度21人増94人に 増加、全国で最多 /新潟

 ◇医師不足解消へ期待

 東京都内で複数の病院に受け入れを断られた妊婦(36)が亡くなるなど、医師不足が深刻化する中、来年度から県内の病院で臨床研修する医学生は、07年度より21人多い94人となった。医師臨床研修マッチング協議会(東京都港区)がまとめた。研修先が決まった全国の医学生は7858人で07年度より172人減少。本県の21人増は全国で最も多く、環境改善への足がかりとなりそうだ。【黒田阿紗子】
 来年度の県内の募集枠は17病院で計152人。このうち、満員は新潟市民病院12人▽長岡赤十字病院8人▽県立新発田病院6人▽済生会新潟第二病院6人--の4病院だった。一方、新潟労災病院▽村上総合病院▽糸魚川総合病院▽佐渡総合病院--の4病院は2-3年連続でゼロ。立地条件や医療設備の整った大規模病院に研修医が集まる傾向は相変わらず強い。
 しかし、県医薬国保課勤務医等確保対策室の照田伸宏室長は「研修医の大多数は研修後も県内の病院に残る。将来的には県全体の医療環境の改善につながる」と期待する。
 17病院は昨年10月、「良医育成新潟県コンソーシアム」を結成した。他県の大学に進んだ本県出身の医学生を訪問したり、各地で合同説明会を開いて研修医の確保に努めてきた。こうした取り組みが研修医の増加に直接結びついたかは不明だが、照田室長は「アンケート調査などで分析し、さらに研修医を確保していきたい」と話している。

画像

先生も風邪引いたみたいだぞ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは大変うれしいニュースですね。
しかし、こういう話を聞くといつも思うのは、在住するのは医療だけでは
あり得ないわけで、「新潟県に住んでみたい」と思わせることが
もっと重要なのではないかと。
その点、新潟県はまた他県に比較して魅力が不足しているなと思わざるを得ません・・・
ぺっかー
2008/10/31 12:13
おっしゃるとおりです その町、その都市、その県の魅力がなければひとは集まらないでしょう 街づくりが医療づくり重要であると私も考えます コメントありがとうございました
ぶんぶん
2008/11/11 15:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潟県の医師にとっては嬉しいニュースです 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる