地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 特集 藤沢の医療 その2 2008年12月号 よりよい医療システム構築へ向けての手がかり

<<   作成日時 : 2008/12/25 23:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

藤沢町民病院長 佐○元美先生はこれだけの重要な事業を支えているにもかかわらず、気さくでお話し好きでついつい私もかかりたくなってしまう優しそうな総合医という面だけではなく、実は高度先進医療の必要性も充分認識してつぎつぎとインパクトのある医療機器と取り入れ専門医療機関との綿密でしたたかな連携を成し遂げています。総合医は専門医療の概要を知り、専門医は総合医的思考を学ぶ必要があると思いました。今回の広報のインタビューでいろいろお話されていますが、私がとくに気になったところを示します。

医師を確保するためには、魅力ある病院はもちろん、医師が住みたくなるような地域をつくる ことが大事です。地域医療は、住民と医療者が協働でつくる文化でありコミュニティーです。助けたい人がいる、守りたい命がある、身近な人であればなおさらです。そういう関係を築くことが、医師の定着には不可欠です。 町民病院は、研修医と住民の交流会を開いています。交流会で地域の魅力や住民の温かさを知った研修医たちの中には「将来、藤沢で働きたい」という人もいます。医師が住みたくなるまちづくりは、医療の専門家でなくてもできます。みんなで医師を迎える風土や包容力をつくっていきましょう。

よっ大将 よくぞそこまで云ってくれた これですよ これ 私が今一番言いたいことは!
医療者も住民も人間です 住みたいところに住むし、働きたいところで働くし、遊びたい町で遊びますよね 過疎対策は町本来の過疎対策から そして 医療は町づくりから 
画像

御用納め 搬送収め 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特集 藤沢の医療 その2 2008年12月号 よりよい医療システム構築へ向けての手がかり 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる