地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS インフルエンザワクチンを接種しました 両手に

<<   作成日時 : 2009/10/26 20:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

下記のような怖い報道もなされていますが、本日右腕に新型インフルエンザワクチンを、左腕に季節型インフルエンザワクチンを接種しました。今のところジンマシンや疼痛はありません。今頃気づいたのですが、前者はB型インフルエンザの成分は全く入っていないのですよね
お風呂は入っていいがお酒はだめですよ
と普段話している都合上、今夜は早く寝ることにします。
もちろん接種済み証は、ロッド番号のシールも貼ってマイ健康ファイルに綴じました。

ワクチン接種開始から4日間で「新型」重い副作用6件
2009年10月24日 提供:読売新聞

 厚生労働省は23日、医療関係者に対する新型インフルエンザワクチンの接種開始から4日間で、意識低下や筋肉痛など、重い副作用(副反応)の可能性がある事例が6件報告されたと発表した。
 いずれも数日中に回復し、症状は季節性インフルエンザワクチンと同程度。厚労省は「今のところワクチンに問題があるとは言えない」としている。
数日で回復
 厚労省は19-20日、67病院の医療従事者2万2112人を対象に、ワクチン接種後の健康調査を実施。その他の医療機関から22日までに寄せられた報告も集計した。その結果、副作用の可能性がある例が32件確認され、うち6例が重い症状だった。32件中、16件にアレルギーの持病があった。
 6人の症状は、嘔吐(おうと)、両足の筋肉痛、一時的な意識低下など。ワクチンとの因果関係ははっきりしないが、1例は接種30分後に呼吸困難や血圧低下があり、副作用の可能性が高いという。
 健康調査での重い副作用の発生頻度は0・02%。季節性インフルの場合、昨年度約4740万人中、重い副作用の報告は121人(0・0003%)にとどまるが、厚労省は「打ち始めたばかりで念入りに調査しているため、数字が高めに出ている可能性がある。今の段階で頻度が高いとは言えない」と説明している。



画像

もろこしだそうです これからあかもちができるそうです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インフルエンザワクチンを接種しました 両手に 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる