地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 人事異動 安定した医療の困難性 在宅療養支援病院という選択

<<   作成日時 : 2010/07/02 15:16   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

医師の人事異動がありました なにしろ数人しか医師がいないので交代時期は大変です おまけに研修医も次々と交代しますので、安定した医療の提供には常に気を遣わなければなりません。当院は県立と言うグループに属していますが、診療圏域は阿賀町のみです。したがって中身は町立病院と同じともいえますが、職員配置は全県的です。町の診療所や訪問看護ステーションとも一緒に活動しなければ意味がありません。さらに阿賀町の保健師や阿賀町町内の介護スタッフとの協力関係も大切です。何故こんなことをいまさら書いているかと言うと、この連携が意外と難しいからです。どちらも公立ということでいろいろな足かせがありますが、経営的にはまずつぶれない という安心感もあります。
そこで今回在宅療養支援病院という立場を選びました。目的は経営改善ではありません(とはっきり書くと当局に怒られますが・・・)。最近新潟○陵大学の武○先生とお話しする機会を得ました。ちなみにその先生は在宅療養支援診療所も含めて全国的にアンケート調査を手がけていらっしゃいます。 http://www.n-seiryo.ac.jp/~takeda/ 
この話に興味のある方はご連絡ください!
画像

歓送迎会開始の頃
画像

盛り上がりの頃

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人事異動 安定した医療の困難性 在宅療養支援病院という選択 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる