地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 地域医療でなにをするの? 新潟大学の6年生の最終日の講義でした

<<   作成日時 : 2010/07/30 17:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はこれで5-6年目になる、新潟大学の医学部6年生の講義をしてきました。題名は保険制度、地域医療、疫学 ですが、おもに津川病院でやっている地域医療の紹介で、アシスタントとして二人の先生にも同行してもらいました。と富め暑い日であり、最終日ということで、テスト対策にも程遠いこういう授業は得てして評判はよくないのですが、何とか半分以上の方は眠らないで聞いていただきました。今回は少し介護保険について話しましたが、これは研修医の先生が聞いた方がよいような内容で、つまらなかったかもしれません。医師になったらまた資料を見直してもらうと少し役立つでしょう(ただし制度が変わっているかも)。総合医についても説明してみましたが、やはり難しいですね。今のところ若い医師は臓器別専門医を一つ持っていながら総合医もたまにやってみるというスタンスの方がよいように思いました。実際私も呼吸器とリハビリテーションの専門医をもっているわけですし、やっぱりないよりはあったほうがよいと思います。
アシスタントの先生にはそれぞれ地域医療研修や訪問医療の実際についてお話してもらいました。昔の往診とは違う 新しい在宅医療 の紹介でしたが、果たしてどこまで通じたか心配です。まあすべてがまず免許をもったからのお話ですからね。
学生のみなさん、全身合格めざして試験がんばってください!
画像
大講義室は平坦な教室なので少し見えにくかったかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地域医療でなにをするの? 新潟大学の6年生の最終日の講義でした 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる