地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟県医師不足解消に向けて何ができるか 渾身の思いで懇親会に

<<   作成日時 : 2011/06/05 18:21   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

先日お隣の県にいる新潟県出身者等医学生との集いに参加してきました
10名以上がお城の見えるホテルに集まっていただいて、先輩のお話しを聞いていただきました
こういう集いは私は7回目ですが、その効果があった(かどうかわかりませんが)せいか、着実に新潟県出身の医学部進学者数は増加しているそうです。将来的に戻ってきたもらえるかどうかが勝負ですが、とても重要なことです

私の役目といえば、いつもの通り場を盛り上げることでした このたび宴会が続いていたためか、今一つパワーを発揮できませんでしたが、渾身の思いで懇親会3次会まで参加してきました

会場であったホテルの真ん前のお城が見事にライトアップされていておいしい料理がなおさら映えました
画像


今回は今研修医2年目の若○先生が熱弁を奮ってくれました。実は彼とは半年前にある座談会でご一緒したことがあったのでした。あの時の情熱がそのまま開花していて嬉しかったです
画像


二次会では糸○川の○岸先生が最後を閉めていただきました。こういう情熱ある指導医のいる研修病院は幸せです。
画像


医学生の中になんと阿賀町に親せきのいる方が一人いました。さっそく阿賀町検定を受けるように勧めました 
画像


翌朝は例のSLばんえつ物語号に乗って帰ってきました。なんと車内で咲花温泉のくじをやったら二等賞があたりました。ついてます!
画像


はたしてこれって医師不足解消につながるかどうかさっぱりわかりませんが、またお会いしましょう



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
渾身の懇親会ですか?一等でなく、二等というのもいいですね?親戚でなく、阿賀町出身の方がいると、頼もしい気がしますが、、、。その昔、校医だった方は東京帝大出身だったし、名誉町民の現役女医もいるし、阿賀町も捨てたものではありません???医師になるにはいつからどのような勉強をしたらいいのでしょう?知人の女医は小学校の修学旅行で、野口英世記念館を見て医師を志したそうです?ちなみにこの方はご主人も医師ですが、、、。
急遽仙台に診療所を開設して頑張っている方など、頭が下がる思いです。50過ぎて医師になった方などもおられ、まさに人生いろいろですね?
元津川のしょ
2011/06/06 10:37
阿賀町にたくさん素晴らしい医師や名士は訪れているようですが、何しろ郷土として暮らしている人が少ないのがもったいないですよね。医師不足に関しては医学部進学者が増えることは嬉しいのですが、もっと大切なのは、医師になって何をやりたいのか、医師という職業でどういう人生を送りたいのかをもう少し詰める必要がありそうです(自問自答も兼ねて)
Bunbun
2011/06/06 17:36
医師不足ですかぁ・・・
高校生の頃、医者になりたいと思いましたけど家庭の経済的事情で諦めました。
自分の持病のためにも医師不足が解消することを願っています・・・
38歳新潟県人
2011/06/09 04:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潟県医師不足解消に向けて何ができるか 渾身の思いで懇親会に 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる