地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟日報社説 新潟県の医師不足は医学部数不足が原因か?

<<   作成日時 : 2012/01/21 16:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

本日日報の社説に地域医療のことが載っていました。
この問題は私がずっとテーマにして来ている問題ですが、悲しいことに約30年間解決できずにいます
ちょうど私が医学部に入った頃の昭和55年日報記事と重なります(じっくり見たい方はご連絡ください)
画像


http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/ 
医学部新設 地域医療の充実どう図る
 深刻な医師不足を解消する手だてとして、県が医学部新設を許可するよう国に要望している。
 県内で医師を養成しているのは新潟大医学部だけだ。医師不足を受けて、定員は100人から125人まで増やされてきたが、施設面などからこれ以上の増員は厳しい。
 医学部を新設することで、県内に定着する医師を大幅に増やしたいとの考え方だ。一つの選択肢といえる。
 県医師会は新設に反対している。県内の勤務医が教員などとして引き抜かれ、現場の医師不足に拍車が掛かるとの懸念を示す。
 地域医療を充実させるには、マンパワーの確保が欠かせない。だが地方の医師不足は切迫している。
 どのように克服していけばいいのか。県民の安全安心を保つため、議論を深める必要がある。
 県は、医学部新設の実現可能性や道筋、考えられる影響も含め、議論の材料を県民に示してほしい。
 病院がお産の取り扱いをやめ、地元や里帰り先で出産ができない。治療を受けるため、自宅から遠く離れた拠点病院まで通院しなければならない。
 そうした不便や支障が生じ、日常化している。放置できない問題だ。
 本県の人口10万人当たりの医師数は、全国42位と低迷している。「国が人口や面積を考えずに『1県1医大』の政策を進めたしわ寄せが来ている」。泉田裕彦知事は県議会の昨年12月定例会の一般質問に答え、そう指摘した。
 医師不足の問題は、単純に数だけでは語れない。都市部や大病院などへの「偏在」も指摘される。
 2004年に新たな臨床研修制度が始まり、新人医師が研修先を出身大学だけでなく自由に選べるようになった。そこで「医局離れ」が目立つようになり、地域医療にも影響が及んだ。
 各病院に医師を派遣する役割を担ってきた大学医局の人材が不足し、拠点となる病院に医師を集約するなどの動きも出た。
 医学部を新たにつくっても、研修医が都会に流出してしまうようでは効果が薄れる。若い医師を本県に引きつける取り組みは、なお一層必要だろう。
 一方で、地方の努力だけでは解決できない面があるのも事実だ。高齢化が進み、地域医療の役割は増していく。必要な医師が確保できるような国の仕組みづくりが問われている。
 子育て中の女性医師が働き続けられる環境整備など、人材を有効活用することも欠かせない。
 医療は、地域で安心して暮らすための命の安全網である。ほころびや地域による格差があっては困る。知恵を出し合って補強していかねばならない。
新潟日報2012年1月21日
..


医師偏在はこのブログの核心のテーマでして、新たな糸口がまったく見つかっていないことを再認識させられました

なお
私も医学部新設というよりもメディカルスクール構想の様なものを考えたことがあります http://17041615.at.webry.info/200706/article_1.html 
新潟県に魅力があれば人は集まると思うのですが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
医学部新設は反対意見があるようですね。ただ勤務医が教官になるからという理由には疑問が残りますね。大学には新設医大に教官を送れるくらいの人手はあるんじゃないかと思うのですが。
takesatow
2012/01/22 00:55
コメントありがとうございます
どうも大学の教官も人手不足で困っているようです
県外から人を集めるチャンスにはなるだろうと思うのですが…
ぶんぶん
2012/01/22 11:42
そうですね、県外にはまだ教官候補の人はいると思いますね。教官だけではすまないですよね。病院も作らないといけないですよね。
takesatow
2012/01/22 19:25
昭和40年代の新設医大ラッシュのころには、新潟から近県や隣県などに教官として赴任された方も多いと本で読んだことがあります。このたびは、その逆を企画してはどうでしょうか。
仮に医学生100名×6学年、看護学生100人×4学年で学生数1000人、医学部教員200人、看護学部教員60人、事務局60人として大学だけで1320人、800床の病院ができれば、職員800人+委託100人〜150人なんて感じで、2000人以上の人口増となり、年齢も若返って地域活性化に貢献できる事業かも知れないです。
ベテランナース
2012/01/31 00:01
壮大な計画ですね。実現するといいですが、誰かが声をあげないとだめなんですよね。こういう時の政治家の人の一声って大きいなと思います。
takesatow
2012/02/05 11:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潟日報社説 新潟県の医師不足は医学部数不足が原因か? 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる