地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 第13回地域医療フォーラム新潟 住民と歩む地域医療の展開 ソーシャルキャピタル

<<   作成日時 : 2012/01/29 12:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

第13回 地域医療フォーラム(住民と歩む地域医療の展開)日 時:2012年1月28日(土)15:00-18:00
場 所:万代シルバーホテル 5F 万代の間
総合司会:布施 克也先生(県立小出病院)
15:15-15:20 【開会の辞】 鈴木 善幸先生(県立松代病院)
15:20-16:20 【SessionT】 「コミュニティをターゲットとした地域医療の実践」 
座長  岸本秀文先生(県立妙高病院)⇒丸山貴広(聖籠町国保診療所)
演者  坂爪実先生(さかつめ内科) 黒川允先生(佐渡市立両津病院)
16:20-17:00  【SessionU】 「地域医療実習の発展」 
座長  井口清太郎先生(新潟大学医歯学総合病院)
演者  松尾 祐治 様 (新潟大学)  自治医医科大学5年生  新潟大学5年生
17:00-18:00 【 SessionV】 「特別講演」 
座長  新潟県立新発田病院 血液内科部長 関 義信 先生
「地域のきずなは医療を変える」
浜松医科大学 健康社会医学講座 教授 尾島 俊之先生
 【閉会の辞】吉嶺先文俊先生(県立津川病院)


今まで自治医大卒業生の集まりであった新潟の地域医療フォーラムでしたが、今年から門戸を広げて地域医療を実践もしくは志す医師や医学生にも声掛けさせて頂きました
つい最近まで大学で高度専門医療をされていたさかつめ先生の大変身ぶりや佐渡で奮闘しているくろかわ先生のお話しは聴きごたえがありました。研修医や学生の話は自治医大と新潟大学総合地域医療講座の地域医療教育にかける執念が感じられました。特に今回初めて新潟大学医学部の地域枠の学生さんも発表していただいたのが嬉しかったです。
そして特別講演のおじま先生 
http://www.hama-med.ac.jp/uni_introduction_report_souran_07151255.html のお話しは、何となく行き詰まり感のあった今の私に光を当ててくれるものでした
社会関係資本(ソーシャルキャピタル)、アセットモデル、所得格差などなど現代社会の歪に対する新たなきりこみを統計学を駆使しながら示してくれました(あんまり理解できてはいないのですが)
閉会の辞は私が担当でしたが、少し時間をかけ過ぎたようで申し訳ありませんでした
「総合医」育成というキャリアパスが本当に組み立てられるのか心配なので・・・

情報交換会ではいつものようになってしまいましたが、つかだ先輩の「ほめて育てる」という言葉が印象深かったです
画像


第14回地域医療フォーラムは平成25年1月19日(第3土曜日)新潟市で開催する予定です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとに地域医療は志の高い先生方をはじめとした医療従事者でなりたっているのですね。また、他の地域でも言われているように、住民の方との協力体制も大切なようですね。
takesatow
2012/01/30 19:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
第13回地域医療フォーラム新潟 住民と歩む地域医療の展開 ソーシャルキャピタル 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる