地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS (私の)地域包括ケアシステム構築いつやればいいの・・・いまでしょ!  

<<   作成日時 : 2013/12/04 22:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

地域包括ケアという言葉はどういう経緯で生まれたのか、改めて問い直してみています

地域包括ケアシステム 
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/

 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。
 今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築が重要です。
 人口が横ばいで75歳以上人口が急増する大都市部、75歳以上人口の増加は緩やかだが人口は減少する町村部等、高齢化の進展状況には大きな地域差が生じています。
地域包括ケアシステムは、保険者である市町村や都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくことが必要です。

地域包括ケアシステム 地域包括ケアシステム
出典:平成25年3月 地域包括ケア研究会報告書より


全国に7年先駆けて発展している新潟県では、すでに超高齢社会のピークを迎えている地区もあります
これからの首都圏の問題を考える前に
一度新潟県の分析をしてみるのもよいのではないでしょうか

ということで新潟大学では魚沼市の地域医療実習を通してどのように地域包括ケアを捉えていくのでしょうか
一つ重要なことは
医療が中心ではなくなってきたということですね このシステムにおいては

画像

さあ学生のみなさん! 私の生活支援も多面的角度からお願いしますよ 
いつから? ・・・ 
 いまでしょ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(私の)地域包括ケアシステム構築いつやればいいの・・・いまでしょ!   地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる