アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「医師不足」のブログ記事

みんなの「医師不足」ブログ

タイトル 日 時
地域医療実習11班 みんな一皮むけて帰ってきました
地域医療実習11班 みんな一皮むけて帰ってきました 現在新潟大学の地域医療実習は5年生全員に課せられています 魚沼、佐渡、十日町松代、湯沢そして阿賀町に分かれて戻ってくると 一皮むけています ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/18 13:33
財団法人住友生命社会福祉事業団 第一回「地域医療貢献奨励賞」
財団法人住友生命社会福祉事業団 第一回「地域医療貢献奨励賞」 第一回地域医療貢献奨励賞は現在小出病院院長の布施先生が受賞しています 今までの受賞者数38名中新潟県2名ということは新潟県の地域医療が全国的に注目されているのか それとも医師不足対策も含めて叱咤激励なのか ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/16 08:17
それでも時計はすすむ 岩手と新潟
それでも時計はすすむ 岩手と新潟 対照的な二つの記事をご覧ください ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/04 21:47
高校生に授業で話をしました 地域医療とは何か・・・の前に
高校生に授業で話をしました 地域医療とは何か・・・の前に 新潟県内にある医療系をめざす特別クラスの高校2年生に地域医療について話をする機会がありました。私は最初その依頼の話を聴いたとき大変驚きました。なぜならば自分が高校生の時は、医師になりたいとか 医療を通して人を助けたい なんてほんのこれっぽっちも思っていなかったし、そう思っていただろうという者も言葉に出してみんなに話すのは恥ずかしいという雰囲気だったと記憶しているからです。ちなみに自分の周りにいる医師に同じことを聞いてみましたが、やっぱり個人差はあるものの、高校生の時にずーっと医師になりたいと思い... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/06 10:00
あすはわが県か・・ 岩手県立病院の縮小計画
あすはわが県か・・ 岩手県立病院の縮小計画 岩手県がとうとう縮小計画を打ち出しました。明日はわが身ではないですが、岩手についで二番目に県立病院が多い新潟県もそろそろ見直しをする時期にきています。 それにしてもタイヤ交換をはやくしなければ・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/11/20 20:10
新潟県の医師にとっては嬉しいニュースです
新潟県の医師にとっては嬉しいニュースです やっぱり仲間が増える話は嬉しいですね。ぜひ一緒にやっていきましょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/29 20:22
絶対数としての医師数は増えてもこころの貯金を使い果たしてしまった時代で
絶対数としての医師数は増えてもこころの貯金を使い果たしてしまった時代で 独り言 23年前に医師免許をもらったときの日本の医師数と今を比べると明らかに増えている。しかしさまざまな要因で相対的な医師数は依然として不足している。医療の進歩は人々の医療への期待を高め、さまざまな情報ネットワークの中から世界基準の医療がまい進する。しかし日本の国も変わってしまった。頑固な明治生まれはもういない。過去の勤勉さや謙虚さは今ではお笑いトークになる。お金とおなかの脂肪はたまったけれどこころの貯金は使い果たしてしまった。この豊かな社会の中の奇妙な飢餓感をどうやって充たしていけばいいのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 00:15
銚子市立総合病院 が全国的な地域医療崩壊のトリガーにならなければよいのですが
銚子市立総合病院 が全国的な地域医療崩壊のトリガーにならなければよいのですが とうとう大物病院の破綻が起きました。わが新潟県もうかうかしてはいられません。それにしても関係者の後からの言い訳合戦は美しいとはいえませんね  崩壊の前に変革したいものです    以下長い引用です 銚子市の市立総合病院390床、財政難で休止 記事:読売新聞 提供:読売新聞 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/02 13:09
無料化という選択
無料化という選択 医療と飲料ははたして無料化がよいのか・・・今ひとつ疑問が残ります 利用する方の意識次第ですが ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/17 21:16
なりたい職業 大人も子供も
なりたい職業 大人も子供も 第一生命のアンケートに興味深い話がありました。看護師も医師も実際に働いている人からみると、「たいへんだからやめた方がいいよ」と答えたくなるでしょう。 しかし逆にこういう結果を励みに思ってもいいですかね。 「大人の夢〜別の人生を歩めるとしたら〜」アンケート調査 http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/2008/pdf/2008_027_001.pdf  男性 1位「医者」、2位「野球選手」、3位「学者・博士」 20代は花形職業⇒年代とと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/11 21:49
絵が完成してから額縁をつくるよりもまず展示を 総合医創設に向けて
絵が完成してから額縁をつくるよりもまず展示を 総合医創設に向けて この前の医学生の講義の時に、一番難渋したのが総合医の説明でした。何を持って総合医とするか、この命題に関して日本の医療界では依然として論争が絶えないところです。大臣と医学会会長もおっしゃるように http://www.excite.co.jp/News/society/20080710/Cabrain_17083.html 総合医制度を早く創る必要があると私も思います。絵が出来上がってから額縁に入れて飾るということでは、いつまでたっても展示できないでしょう。額縁のフレームも中身もいずれよりよいもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/05 23:14
新潟大学医学部の地域枠 自治医大方式からの発想転換が必要
新潟大学医学部の地域枠 自治医大方式からの発想転換が必要 約30年前の受験の頃を思い出しますと、のんびりとした高校生活の中でもこれからの先の見えない将来に不安だらけの日々でした。最近の受験はあのころよりさらに厳しくなっているようで、ある意味でかわいそうにも思います。しかし当時でもどんな手を使ってでも受かりたいという焦りに近いものはありましたし、実際に大学受験をあきらめて故郷に帰っていった仲間を見送ったのを思い出します。 さて新潟大学医学部の地域枠は、わが新潟県にとってとっても嬉しい出来事だと思います。とりあえずは仲間が増えるチャンスを与えてくださった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/30 17:54
[〜のための] 卒後臨床研修制度の見直し始まる
[〜のための] 卒後臨床研修制度の見直し始まる 医道審議会において来年度以降の臨床研修制度について議論されているそうです  臨床研修は 〜のため ということが問われるとすれば、何がぴったり当てはまるでしょうか? 己の技術習得のため、将来医師としての素養を身につけるため、お金をためて留学したいから、いずれ開業して後を継ぎたいから、これからチームとして働く上での仲間をみつけるため、地域医療のため、専門医になるためなどいろいろ考えられます。今の臨床研修が先輩方の賢い誘導でさらによくなることを期待します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 02:29
医療が崩壊しないためにはどうすればよいか 文芸春秋 2008年8月号
医療が崩壊しないためにはどうすればよいか 文芸春秋 2008年8月号 医療が崩壊していかないために、医師不足や医療費の予算拡大が本格的に検討されています。大変ありがたいとともに、そういう世間さまのご支援を医療界の人々がいい方向に使ってくれるかどうか少し疑問に思うところがあります。はい、そういう私も医療人のはしくれなのですが・・・ そういえば文芸春秋2008年8月号に下記のような記事が載っていました。どうしてもアピールするところは医療の一部に限られるのですが、今までよりも普遍的な方向性を目指すような視点になっていると思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/20 18:10
なりたい大人がいない! 昔からそうだったかもしれないけど・・・
なりたい大人がいない! 昔からそうだったかもしれないけど・・・ なりたい大人「周りにいない」=中高生の5割が回答−青少年機構 6月29日16時30分配信 時事通信 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/29 17:57
医師選択の時代へ 医師数増加政策への転換 2008骨太の方針
医師選択の時代へ 医師数増加政策への転換 2008骨太の方針 医学部定員、500人超増 最多時の8000人台回復へ 骨太の方針に明記 記事:共同通信社 提供:共同通信社 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/28 18:10
山形大学の試み 緊急治療不要な患者対象に時間外料金8400円
山形大学の試み 緊急治療不要な患者対象に時間外料金8400円 緊急治療不要な患者対象に時間外料金8400円 山形大病院 08/06/18 記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 ID:921782 山大病院:緊急治療不要な患者対象に時間外料金8400円 /山形 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/23 17:35
夢未来にいがた医療2008 ご参加ありがとうございました
夢未来にいがた医療2008 ご参加ありがとうございました 私が主催したわけではないのですが、大勢の方にご参集いただき大変ありがとうございました、とお礼を申し上げます。虎ノ門パストラルホテルのおける上記イベントは用意した座席がほぼすべて埋まるという大盛況で、関係者の皆様方のご苦労の成果と考えます。医師不足の短期解決にはなりませんが、新潟で現在頑張っている医師の方々を力づける効果があると思います。新潟県全体で、引き続きいろいろとイベントを開催して楽しく募集をつづけていけるといいですね。 翌日帰りの新幹線で思わず豪勢な駅弁を買ってしまいました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/22 18:28
夢・未来にいがた医療2008
夢・未来にいがた医療2008 ある医師向けの人材派遣会社の方のお話を聞いたところ、廃業の斡旋すなわち開業医をやめて勤務医に戻るお手伝いが増えたそうです。また外国人医師の斡旋も始めているとのこと。以前新潟県でも特区申請をした経緯があり興味深く拝聴しました。外国人であろうが日本人であろうが、最終的には個人の資質が問われるのでしょうが、のどから手が出るほど医師不足の新潟県ではあらゆる手を使ってみることが大切だと思います。しかし最近の若い世代は“新日本人”化してきているということで、昔ながらの手法では限界のようです。昭和の日本が良か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/20 18:13
病床稼働率 開かれた社会と閉じられた社会での意味の違い
病床稼働率 開かれた社会と閉じられた社会での意味の違い 病床稼働率とは病棟の総ベッド数に対する実際に入院患者さんが使っているベッド数の割合のことですが、病院経営上は(あたりまえのことですが)100%に近いほどよいということになります。最近長期入院に対する医学管理料は抑制されてきましたが、それでも患者さんが たくさん泊まっているほど儲かる という構図は変わりません。たとえば患者さんを速やかに治療して早く退院させれば次の患者さんが入らない限り稼働率は減って赤字も増えます。空いたベッドに次の新しい患者さんが入院すれば稼働率は元に戻り収益も確保されます。これ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/13 02:09
医師不足の新潟県に“新潟県”は何ができるか
医師不足の新潟県に“新潟県”は何ができるか 私とかあなたとか彼とか彼女のように個人をさす代名詞は責任者がはっきりしていますが、グループや会社や自治体たとえば「新潟県」のように大きな組織になってくると責任の所在はわかりにくくなります。このたび「新潟県」は医師不足に対して全県的に対策を練り直して根本的な解決策を探っていることころです。さてその新潟県とはだれぞや?県庁の担当課長さんか?医師会の会長?はたまた新潟大学の教授先生か?それとも公立病院の院長か?それとも県病院局か?いやいや福祉保健部か?ええいめんどくさい最終的には知事さんか??? ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/09 19:46
椅子とりゲームにならないように 限りある医療資源をめぐって
椅子とりゲームにならないように 限りある医療資源をめぐって 後期高齢者制度にかかりつけ医の概念が明記されましたが、もともとかかりつけというのは昭和の時代からあります。開業医も含め医師数が今より少なかった時代は、選択する余裕がなかったので、村の“先生”にすぐかかるようになっていました。とくに田舎ではかかりつけはほぼ居住地によって決まっていたといっても過言ではないでしょう。 さて現在の医師数はありがたいことに大幅に増加しています。人口10万人に対して200人となりめでたしめでたしというところでしたが、なんとまだまだ少ないという意見が大半を占めています。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/04/27 10:11
地域中核病院の危機 新潟県立病院 常勤医激減
地域中核病院の危機 新潟県立病院 常勤医激減 医師不足やへき地医療の問題の流れが最近変わってきています 新潟県立病院の場合、総数は15で、高度専門医療から50床前後の小規模病院まで含まれていますが診療所はありません。以前より当院のような小規模病院の常勤医師はぎりぎりで稼動していましたが、自治医大卒業生も含めて新潟大学や地域医療研修などの応援を頂きながら何とかやりくりしてきました。そして今の問題は地域中核病院です。加○、坂○、○出、六○町などの100-200床台の中規模病院の常勤医師が激減してきており、ほとんどが最盛期の半分になってしまいまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/04/06 10:42
時間外診療の線引きは難しい 実に難しい
時間外診療の線引きは難しい 実に難しい 最近時間外診療で自費請求に踏み切る病院があちこち見られるようになって来ました。しかしこの線引きは難しいと思います。コンビニ受診抑制と医療介入手遅れの板ばさみになるでしょう。たとえば気管支炎症状(せき、たん、息切れ、発熱)が出現した場合、自力で直る人もいるし、買い薬で治る人もいるし、早めに医師の診察を受けて入院せずに直ることもありますが、万が一こじれると肺炎そして呼吸不全になります。また風邪は万病の元というだけあって、背景に怖い病気が隠れていることもあり医師でも判断が難しいことがあります。はたして... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2008/04/05 18:35
たらい回し 救急医療の問題はどこにあるか その3
たらい回し 救急医療の問題はどこにあるか その3 救急患者の発生に関して、避けられない事故や災害を除くと、“もう少し早ければ”とか“普段・・・に気をつけていれば”という場面に出くわすことも少なくありません。単に患者数の問題のみに注目するとすれば、いまの救急現場の混乱を解決するわかりやすい方法は、アメリカのテレビでおなじみのER方式でしょう。救急救命センターにすべての患者を集めてトリアージをして多くの医療者および機器を整備した中で、適切な医療サービスを提供するというのがすっきりしています。テレビ番組になるくらいですからね。これは日本の医療資源を“... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/25 07:21
外国人医師特区は見送り 
外国人医師特区は見送り  新潟県から国に要望した外国人医師の活用策は今回見送られました。やはり日本の問題はまず日本人でということでしょう ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/16 19:49
たらい回し 救急医療の問題はどこにあるか
たらい回し 救急医療の問題はどこにあるか 最近たらい回しの記事がたくさん出ています 最近増加した理由はさまざまな理由がありそうですが、マスコミが注目し始めたせいでしょう  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/14 07:19
新潟県の医療崩壊を防ぐには 賢い政治力の結集と県民の納得を・・
新潟県の医療崩壊を防ぐには 賢い政治力の結集と県民の納得を・・ 診療報酬改定により勤務医の“立ち去り”を防止する動きがありましたが、実質上今回の改訂の内容では医師が開業や老健施設等へ流れるのを阻止するのは難しそうです。とくに中規模病院における中堅医師の退散は新潟県でも顕著になってきたようです。水○郷病院における救急指定返上からさらに状況は悪化しているようです。きょうの新聞には医師会への疑問を投げかけた投稿が載っていましたが、立場は違うにしても、医師全員が一丸となってこの危機を乗り切らなければならないでしょう。とくに二次救急を担ってきた公立病院は壊滅的です。打... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 08:42
第102回医師国家試験 粛々と実施される
第102回医師国家試験 粛々と実施される 今から23年前の1985年にこの試験を受けて晴れて今の職業に就いた私ですが、さすがに大変な試験でした。たしかその年から年2回あった試験が1回になり、もし受からなかったらもう一年かなあとプレッシャーを感じながらも、二日間あっという間に試験は終了しました。会場は確か東工大。前日宿泊したホテルで、予想問題とかいうFAXが出回ったりして焦ってみたものの実際にはまったく役に立たなかったことを覚えています。現在は500題を超えるたくさんの基礎と実地問題を3日間もかけて行うとのこと、頭が下がります。 今の時代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/21 22:45
診療報酬改定案でました 2年に1回のお祭り作業開始! 
診療報酬改定案でました 2年に1回のお祭り作業開始!  今年もいよいよ診療報酬改定が始まります 日本全国の医療機関がこぞって行うこの2年に1回のお祭りは、イスとりゲームに近い面白さがあります こういうのに振り回されるのがいやだといって病院を去った方もいますが、日本の保険制度は世界で一番すばらしい制度といわれているのですから、大事に使っていかなければならないと思いました。まず一生懸命資料を呼んでみます ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/14 20:51
さすが東京 やることが早い! 総合診療能力を有する専門医養成コース誕生
さすが東京 やることが早い! 総合診療能力を有する専門医養成コース誕生 東京都・都立病院改革 「第二次都立病院改革実行プログラム」を策定 総合診療医の養成など人材育成に重点 記事:Japan Medicine 提供:じほう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 17:11
ひとり5分以上で外来管理加算 それにしてもお薬外来と明記してよいのでしょうか
ひとり5分以上で外来管理加算 それにしてもお薬外来と明記してよいのでしょうか 外来管理加算について懇切丁寧な指針が提案されていました。いまさらながら医療面接の授業を受けているような内容ですが、ここまで言及しないといけなくなった医師への不信感については猛省しなければならないでしょう。ところでお薬外来についてここまではっきりいってもよいのでしょうか?診察しなければ加算をとるなということになりますよね。現状と保険制度のギャップを感じさせる表現です。それにしても高齢者の多い当院の外来診療では、ひとり5分かけろというメッセージは大歓迎です。入室や退室そのものに5分程度かかる方も大勢... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/04 22:41
県立病院だから ということはないか
県立病院だから ということはないか 福島県立南会津病院産婦人科、3月末で休診 常勤医2人退職、後任なく 記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/02/03 17:46
「安心と希望の医療確保ビジョン」会議に期待する
「安心と希望の医療確保ビジョン」会議に期待する 厚生労働大臣の下に安心と希望の医療確保ビジョン会議が開催されています http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/01/s0107-1.html  詳しくはまだよくわかりませんが、今の日本の今日のあり方について小手先の修正ではなく、国民全体がじっくり討論できる切り口になる会議と思われます。 早速一回目の議事録が公表されていました。診療報酬改定や医療紛争処理など喫緊の問題もありますが、こういう長期ビジョンの見直しがいまやはり必要でしょう。 期待します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/01 00:37
魚沼基幹病院のオープン ⇒7年後 先を見通すトップを!
魚沼基幹病院のオープン ⇒7年後 先を見通すトップを! 本日の新潟日報に魚沼基幹病院の開院までのスケジュールの概要が載りました。7年後と聞いて驚いた方も多かったのではないでしょうか。小学校に入学した子が中学2年になる頃にどういう生活をしているか 想像できないですね 何にも道しるべがないよりもいいのですが、先の長い話です。医療制度の変化は最近加速度的になってきています。7年後の生活自体も様変わりしていることでしょう。長期の展望、先を見通す力がトップには望まれます。 ところで自治体病院協議会のセミナーに行って来ました。最近医療改革や医療崩壊などをテー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/25 23:43
ようやく全国紙レベルの記事が載りました 魚沼基幹病院構想の行く末はいかに
ようやく全国紙レベルの記事が載りました 魚沼基幹病院構想の行く末はいかに 魚沼基幹病院、来年度から整備開始 新潟県知事表明 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/21 13:23
でっかいぞう 北海道 産婦人科医局が有限責任中間法人化 
でっかいぞう 北海道 産婦人科医局が有限責任中間法人化  北海道大、産婦人科医局を法人に――人事・会計を透明化  【札幌】北海道大学の医学部産婦人科は任意団体の医局を法人にする。医局は地方病院に医師を送り込む役割を担うが、人事を決める流れや資金の管理がわかりにくいとの指摘もある。法人化により透明性を高め地方への安定した医師派遣などに結びつける考えだ。  有限責任中間法人と呼ぶ非営利の法人にする。1月12日に開く臨時医局大会で正式決定し、登記や認可の手続きを経て来夏に設立する見通しだ。約130人の医局員は社員となる。 [2007年12月28日/... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/14 11:09
適切なプライマリケアこそ日本の高度医療を支える 救急搬送の悲劇をゼロにするために
適切なプライマリケアこそ日本の高度医療を支える 救急搬送の悲劇をゼロにするために 救急搬送実態調査、年度内にとりまとめ 記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2008年1月9日】  救急搬送の際に受け入れ病院が見つからず患者が死亡する事故が相次いでいる問題を受け、増田寛也総務相は8日の閣議後の記者会見で、07年中の救急搬送の実態調査を緊急に実施する方針を明らかにした。04-06年の調査は産科・周産期患者が対象だったが、今回は小児患者などにも対象を拡大する。年度内に集計し、対応策を検討する。調査するのは、受け入れ照会回数や救急隊の現場滞在時間、受け入れを拒否され... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/01/09 23:21
大晦日
大晦日 早いもので今日は大晦日。あんまり寒くないので降らないのかなあと思った雪もしっかり積もりました(写真参照)。猪突猛進で終わった平成19年でした。自分の仕事上の立場が忙しくなったためなのか、それとも時代がめまぐるしく動いているのかわからないのですが、あっという間の一年でした。おそらくみなさんもそう感じる方もいらっしゃるでしょう。いろいろなことが入れ替わっていく中で、何を残して何を創り出していけばいいのかわからなくなってきました。だんだん世の中という大海が荒れ模様となっているのに、船はだんだんき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/31 16:15
やはりその方向でいくのですか “舛添厚労相・外国人医師の活用も”NHK新潟NEWS
やはりその方向でいくのですか “舛添厚労相・外国人医師の活用も”NHK新潟NEWS 舛添厚生労働大臣は、26日全国知事会との意見交換会を開き、医師不足対策の一環として、日本の医師と同等の技能があると認められる外国人には、日本の医師免許がなくても、国内で診療が行えるよう一定の地域を特区とすることなどを検討したいという考えを示しました。 東京で開かれた全国知事会では新潟県など8つの府と県の知事と舛添厚生労働大臣が出席し、医師不足対策をめぐって意見を交わしました。この中で泉田知事は舛添大臣に対して医師不足対策の一環として、日本で留学や研修した経験があり、日本の医師と同等の技能がある... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/11/26 22:15
混合診療と医療クラーク 
混合診療と医療クラーク  来年度の診療報酬制度をめぐっていろいろと議論されてきています。とくに混合診療と医療クラークについて最近新聞をにぎわせていますね! ある程度の医療以外のサービスを行っていいということになれば、患者さんの経済的な背景によっていろいろと導入してみたいアイデアは実はあります。昔赤ひげが貧乏人からお金はもらわず、お金持ちからその分回収して医療を成り立たせていた話に通じるかもしれません。医療クラークは実際にいろいろな会議の中で提言していたことなので喜ばしいことです。ただし医師の仕事は24時間に近いので、業... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 19:29
単純明快 つまりお金がないからよく考えろということで・・・ 公立病院改革ガイドライン
単純明快 つまりお金がないからよく考えろということで・・・ 公立病院改革ガイドライン 総務省から公立病院への提言として以下のようなガイドラインが作成されました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/14 00:48
医師不足に外国人 ならばすべての分野に入れるべき なんで過疎地の地域医療だけ?
医師不足に外国人 ならばすべての分野に入れるべき なんで過疎地の地域医療だけ? わが新潟県から面白い案が飛び出しました。看護師や介護者だけではなく医師も輸入してはどうかということでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/11 21:51
ライセンスをとるということ 最近の医者の卵は・・・
ライセンスをとるということ 最近の医者の卵は・・・ 先日隣町の地域医療をテーマにした会に参加してきました。県の福祉保健部長さんの講演を拝聴して、なるほどと思ったことがありました。それは今のお医者さんの卵たちは、医師のライセンスを取るためだけに医学部に進学する風潮が強くなっているということです。さすがに高校生のときにそこの地域の医療を考えながら受験校を選択するということはありませんでしたが、私が医学部に入学した昭和54年頃は(こういうふうに書くとやはり時代の流れを感じますが)、その大学の所在地が将来の生活の場としてどうかということは考えていました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 12:08
勤務医の負担 
勤務医の負担  医師不足問題についての合唱が始まって久しくなりますが、とうとう診療報酬にもはねかえるチャンスがやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/31 22:53
阿賀黎明祭 病院からも(無理やり?)出展 君も白衣を着てみよう
阿賀黎明祭 病院からも(無理やり?)出展 君も白衣を着てみよう 昨年に引き続いて阿賀町におる県立阿賀黎明中学校高等学校 http://www.agareimei-jh.nein.ed.jp/ の文化祭(黎明祭)に、わが津川病院は性懲りもなく今年もまた無理やり?出展させていただきました。ありがとうございました。昨年のテーマはタバコ関連の啓発的な内容でしたが、今回は医療、福祉、保健分野への誘いということで、“君も白衣を着てみよう、今日も未来も”というテーマで参加させていただきました。「今日の」という意味は、白衣を着て(看護師さんの白衣もあり!)デジカメで写真を撮... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/22 01:45
後期高齢者医療制度 訪問看護について
後期高齢者医療制度 訪問看護について 後期高齢者を語る上で訪問看護はどうしても落とせない要(かなめ)です。現在訪問看護は介護保険の中で主に動いており、ターミナルケアなど一部でのみ医療保険が適応されていますが、私はこれは失策だったのではないかと考えています。なぜならば訪問看護がもっと充実していれば細かいケアだけではなく医療的な判断もできると考えるからです。たしかに訪問診察の中でも綿密な経過観察を行っている先生方もいらっしゃいますが、大半はそこまで手が回らずに病気が進行して初めて医療機関を受診する高齢者が多く、今の医療費高騰が引き起こさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/19 13:47
後期高齢者医療制度 おくすりの問題 院外処方のメリット
後期高齢者医療制度 おくすりの問題 院外処方のメリット 後期高齢者医療制度の論議の中でおくすりの問題が取り上げられていました。国民皆保険制度で以前は無料であった老人医療の名残りともいえる複数受診(医療機関のサロン化)そして複数処方がいまや当たり前となっています。裏返せば医療アクセスの自由度が高いということですから、そういう点では日本は最高に進んでいる国だと思います。そこでおおくすりの問題が浮かび上がります。今まで政策上必要に駆られて進められてきた院外処方ですが、高齢者のお薬の管理ということでは有用なシステムになりそうです。ただし商売優先の門前薬局だけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 18:22
後期高齢者医療制度 とうとう始まりました 論議が!
後期高齢者医療制度 とうとう始まりました 論議が! 10月10日に社会保障審議会の後期高齢者医療の在り方に関する特別部会からその骨子が公表されました。いろいろと提言がありましたが、私がひとつ心に響いたのは、後期高齢者の生活を重視した医療の提言です。若いときと異なり、少なからず病を持っているのが後期高齢者の普通の姿です。症状を細かく分析して鑑別診断のための検査を山ほど行い、まれな病態を探し出して見事に診断しても、その人にとっては自分の生活がどうなるかが知りたいのであって、そのための手段として医療が使われなければ意味がありません。また若い方と違って避... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/15 23:55
自己犠牲だけでは医療はできない 
自己犠牲だけでは医療はできない  外科医不足の記事が載っていました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/10/02 01:05

トップへ | みんなの「医師不足」ブログ

地域医療のゆくえ ver3.0 医師不足のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる