ようやく全国紙レベルの記事が載りました 魚沼基幹病院構想の行く末はいかに

魚沼基幹病院、来年度から整備開始 新潟県知事表明

記事:毎日新聞社
提供:毎日新聞社
【2008年1月18日】
魚沼基幹病院:来年度から整備開始 地元の要請受け知事表明 /新潟

 県が南魚沼市に建設を予定している医療機関「魚沼基幹病院(仮称)」について、同市や魚沼市、湯沢町の議会議長らが17日、早期の整備を求める要望書を泉田裕彦知事に提出した。泉田知事は「来年度の予算編成でスケジュールが見えるよう対応していく」と話した。

 魚沼地域は高度医療機関の「空白地帯」とされており、県は救命救急センターや周産期医療センター機能を備えた基幹病院を設置する計画を進めてきた。しかし、00年の検討開始以来、具体的な完成時期は示されていない。

 近隣には小出、六日町、十日町、松代の4県立病院があり、小出と六日町の2病院は主機能を魚沼基幹病院に統合し、県立病院としては廃止する方針だ。松代病院も十日町病院に統合した上で廃止し、十日町病院を中核病院とする計画。廃止される3病院は初期医療を担うため、地元自治体に運営を任せる方向で調整している。

 魚沼市の佐藤守市議会議長ら3人が、開院時期の明示や早期着工を求める要望書を提出。要望に対し、泉田知事は「研究施設の整備や院長の人選も含め、医師に魅力ある病院として医師確保に努めたい」と述べた。

 一方、要望に訪れた地元市議の1人は「小出、六日町病院からどのように移るのか、医師が不安に駆られている。引き抜かれていく人もおり、今後の身分を出来るだけ早く示してもらいたい」と話していた。【渡辺暢】

内容はともかくようやく全国紙レベルの記事になったことを嬉しく思います。つぎつぎと自治体病院の話題がインターネットや書籍に出ているのに魚沼の名前が出ないのを心配していました。もちろん問題山積ですが・・・
画像

皮下注射

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kurohige
2008年01月24日 12:16
問題は山積ですか…そうですよね。
ぶんぶん先生はこの山積する問題にどの様に関わっていくのでしょうか?
私自身の生き様にも関わって来る事案と感じています。
ぶんぶん
2008年01月24日 12:38
聞くところによると平成27年6月オープン予定とのことで先の長い話しです 開院前に医療が崩壊しないような楽しい準備が必要ですね

この記事へのトラックバック