総合医とは

インフルエンザにて延期となっていたプライマリケア関連学会連合学術会議に参加してきました。評議員会と総会は今までにないほどの活気にあふれたものでした。 というのはプライマリケア学会と家庭医療学会と総合診療医学会が合併への一歩を踏み出したからです。これはおそらく歴史的な出来事ではないでしょうか。私たちから見てもそうですが、総合医を目指す若い先生や医学生から、似たような学会がたくさんあってどこに入会したらよいのかわかりにくい という声があったからです。一般住民の方であればなおさらですね。総合医(この名前も広く認知されたわけではないですが)の存在がこれから重要になるだろうという声は多いのですが、その実体は誰も描けていないのが現状です。これからの日本の医療の鍵を握っています。
もちろん国政選挙も大切です
画像

どれどれよく見せて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック