東北関東大震災 新潟阿賀町周辺情報 3/18/2011

本日は実にあわただしい日でした。まず避難所を見に出かけたのですが、畳の部屋で暖かいのは良かったのですが、大部屋に50人程度が雑魚寝をしているのでプライバシーは守りづらい状況で、長期の滞在は辛い感じがしました。もうひとつの町内の避難されている一つの宿ですが、プライバシーは保たれていましたがお年寄りには広過ぎるため足の不自由な方には不便な感じがしました。
ただし放射能測定値は確かに原発を中心に高い値を示しているので背に腹は代えられないというところでしょうか

そして夕方に福島からの救急車が新潟に訪れて、当院で新発田DMATの采配の元で乗り換えて行きました。急に降ってわいた話で、てんやわんやでしたが、何とか無事に終わりました。職員、救急隊のみなさんありがとうございました。
本日も計画停電はありません
インフルエンザはまだ流行期ですので、避難所健康相談を続けて行こうと思います。
画像

続々と訪れる福島県ナンバーの救急車

画像

手際良くトリアージしながら患者さんを移しています

画像

普段は絶対見られない津川病院の光景です

画像
お月さんも見守っていました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ベテランナース
2011年03月19日 21:35
今朝のNHKテレビで拝見しました。シームレスに医療を提供できるといいなっと思いました。
2011年03月20日 18:13
こういうドラマティックな映像は全国放送で流れるんですね。津川はただの中継地という場所の提供でしたが、いざというときのために救急外来の場所の移動やベッドの配置、対策本部の設置などを3時間で行いました。結局5台搬入されてそのうち2台は行き先が決まらずしばらく当院の駐車場に停留していました。高速道路のICから病院が遠いということもあり、トリアージするには少し不向きなのではと思っていたら、翌日の搬送中継はなくなり、直接新潟市に行くことになりました。新発田DMATと写真を撮ったりして知り合いになれたのが良かったです!

この記事へのトラックバック