ライブとそば打ちのひと時 狐の嫁入り行列の代わりに

今年の名物行事 きつねの嫁入り行列は中止になってしまいましたが、そんな沈滞ムードを吹っ飛ばそうといつものあのお店でイベントを開きました 
まずは蕎麦打ち
画像

最近運動量と酒量がかなり上昇しているエルダー医 阿○先生がやまとのそば粉と津川のそば粉を何十人分も打ってくれました その若々しさは羨ましい限りです
画像

お店の反対側では若者のグループデュオがギター一本とマイク2本で見事な演奏を地元の若者に聞かせていました 
画像
 

夕方からは私たちのグループのライブと思ったのですが、いまひとつ練習不足のため(というか一回も練習していなかった)ので 宴会に限りなく近いステージでした 当院の卒業生やその知り合いのジャズピアニストなども交えて盛り上がりました


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

津川生まれです
2011年05月04日 11:03
阿賀町に骨を埋めるつもりなのでしょうか?僻地医療を志し、実践しておられるわけですが、、、。
阿賀町最大の行事が中止となっても、代わりのことをするなんて、素敵なことですね?
今朝、実家の夢を見ました。あそこで、英語塾でもやろうかな?なんて考えたのはかなり以前ですが、実行には移していません。
受信型ではなく、発信型の私としては、どこに住んでも物足りなさを感じることでしょう?
思わず、「津川、いえ、阿賀町全体の活性化を宜しくお願いします、、、」なんてコメントしてみたくなりました。
p.s.代わりのイベントも楽しそうですね?今度は是非参加してみたいと思います。
2011年05月04日 14:45
コメントありがとうございます 狐の嫁入りを楽しみにしていた町内外の人がたくさんいたので、違う形でもよいので何か催しをした方が良かったのではないかと思います。今中心となっている方々の次の世代が見えてこないので心配です

この記事へのトラックバック