訪問診療三態 津川病院訪問医療の実際

狐に騙され続けていた3人の研修医も早くも卒業の時期が近づいてきました。さすがにきちんと訪問診療ができるようになりました。
まず若大将のユ○ン 
画像
颯爽と家から家を回っていきます

次は○ウヘイ 
画像
以前船着き場だった小花地集落での一コマ 高齢者相手でもそつなく診察 だが連日二日酔いか? 

三人目はタツ○ 
画像
聴診器の使い方も上手になりました しかしやはり彼は整形外科志望です

はたして3人はどんな素晴らしい医者になることでしょう 楽しみです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

元津川のしょ
2011年05月25日 09:30
いよいよ卒業ですか?直接関係ないのに、寂しい気持ちになっているのは、どういうことでしょう?お三人はレガッタに参加なさらないのですか?あんまり○○○○だと、聴診器あてられた時に心拍数が高くなりそうで、、、なんて余計な心配ですね???なにしろ、幸い私は病気とはあまり縁がありませんから、、、。(これは今までのところで、今後は年齢を意識しないわけにはいかなくなることでしょう?)聴診器ではなく、鍵盤の指さばき、ご披露願いたかった気がします。
さすが、院長のカメラさばきでしょうか?被写体の方々三者三様に、個性を引き出せていますね?私の好きな「詩」からの引用「みんなちがって、みんないい」それぞれにご活躍ください。そして、たまには津川のことなど思い出して下さい、、、(って、なんで私が言うのかな?
多分?町民の気持ちを代弁しました。あしからず)
2011年05月25日 22:05
またまたありがとうございます この3人は今のところレガッタに来てくれると云ってくれています 楽しみです

この記事へのトラックバック