私はなぜ健康ファイルを勧めるのか 済生会新潟第二病院 眼科勉強会

画像

済生会新潟第二病院の安〇先生が主宰の勉強会と懇親会に出席してきました

http://andonoburo.net/on/2426

済生会新潟第二病院眼科勉強会

 平成8年6月から毎月欠かさずに勉強会を続けています。
 患者さんとの交流場所と考えています。
 話題は眼科のことに限らず、何でもありです。
 誰でも参加出来ます。
 これまで参加されている方は、患者さん、市民の方、医者、看護師、病院スタッフ、学生、その他興味のある方で約20から30名くらいです。
 眼科の外来で行いますから、せいぜい5m四方の狭い部屋です。
 約一時間お話して頂き、その後に30分質疑の時間を取ります。
 寺子屋的な雰囲気を持った勉強会です。
 どなたでも大歓迎です(参加無料、事前登録なし、保険証不要。ただしお茶等のサービスもありません。悪しからず)。
 ■日時:原則として毎月第2水曜日 16:30~18:00
 ■場所:済生会新潟第二病院眼科外来


なんとその勉強会で寸劇をやってしまいました

(健康ファイル「なし」編)
スライド:「ある日の救急外来」
ナレーション①:ある日の夜、病院の救急外来に右半身を引きずった患者さんが受診してきました。今日も救急外来は混雑し、ドクターも疲れている様子です。やっと診察の順番が回ってきました。
医「はい、次の方~。どうしました?」
患(右半身を軽くひきずりながら)
「ええとー、はい、フラフラするんですけど。」
医「・・・右足引きずってますけど、いつからですか?」
患「うーん。けっこう前からかな。引きずるようになったのはちょっと前からだけど。」
医「一週間前ですか?それとも昨日ですか?」
患「そうだなぁ。2~3日前かなぁ。でも半年前かもしれないけど。」
スライド:「いろいろな病気と病院
医「はっきりしないのですね。ところで、今までにかかった病気はありますか?」
患「いろいろあるよ。血圧とか、糖尿とか。脳なんとかも言われたな。あと、酒と肝臓も。腰も痛くてね。」
医「病院はどこにかかってますか?」
患「血圧と糖尿はなんとか内科、脳は脳外科病院、腰はなんとか整形外科だね。」
ナレーション②:この患者さんは、いろいろと病気があって、たくさんの病院にかかっているようです。
スライド:「バラバラのくすりとおくすり手帳」
医「今飲んでいるお薬は?」・・・・・・・・・

という感じのシナリオですが・・・たいへん申し訳ありませんでした。

それにしても
〇藤先生は眼科専門医でその道の大御所にもかかわらず、ロービジョン研究会、学問のすすめ講演会、越後眼科研究会など様々な仕掛けを作り、なおかつICTを駆使したweb配信など先進的な活動をされています 
こう人が日本を支えているのですね

懇親会でも研修医の先生方とアグレッシブな交流をさせていただきました 
若者たちよ 明日に向かって 進め!
画像


そんな中、たまたま高校の同級生と37年ぶりに再会!昔話に花が咲いて二人ともいいオジサン
家に帰って思わず卒業アルバムをひっくり返してみてこれまたビックリ!
画像

私はメタボ化 彼はスリム化 二人の合計体重はあの頃と同じ

きょうは本当に楽しい時を過ごさせていただきました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック