臨床実習Ⅱにおいて総合地域医療学講座を選んだ彼の場合

新潟大学医学部医学科も
最後の学年になると
希望する診療科や
大学以外の医療機関での
実習も可能となります


例えば彼の場合

画像


画像


いろんなところへ
出航してきました

画像


四国も

画像


屋久島も

画像


噴火も

画像


そして
佐渡(新潟県だぞ)や魚沼など

画像


これらの実習を通して
悟りました

団塊世代の介護を目前とし、箱モノを作る時代は終焉を迎えつつある。
限られた医療資源の中でどのように質を担保するかが重要。
健康寿命をいかに伸ばすかが共通の課題で、
  理想はぴんぴんころり。
地域の特徴を生かした柔軟な対応が必要。



彼は
  総合診療
にも興味あり


さあこれから
パンドラの蓋 を開けてみよう

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック