京都 先制医療 おばんざい 万歳

―― 発症してから治療するという従来の医療の考え方では社会の負担が増える一方。すると予防医療が重要、ということでしょうか。

 単なる予防医療ではありません。もっと早い時点から医療が個々人の将来の健康状態を予測して先手を打つことが求められます。これを「先制医療」といいます。たとえば認知症はいったん発症すると治療は極めて難しいのですが、実は発症から相当前にすでに脳内で異変が起こることがわかっています。この異変の早い段階で対処できれば、将来の発症を防げる可能性がでてきます。ですから、予防医療との違いは、まず予測が入ること。さらに、感染症の予防接種のように患者をマスとしてとらえて全体的な発症率を抑えるという考え方ではなく、一人ひとりに着目して将来予想される病気を防ぐ、「個の視点」で医療を行うという点です。

http://isoukai2015.jp/program/medicine/program03.html

そうです いまこそ
        先制医療


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


京都
さすが 京都 です
http://www.kyoto-np.co.jp/ad_citykyoto0910/index.html

"京都 先制医療 おばんざい 万歳" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。