テーマ:津川病院

個性がにじみ出る紙芝居 津川病院外来にて

当院では研修医を中心に外来待ち時間を利用して患者さんやそのご家族を対象に紙芝居を行っています 研修医の人柄や個性がにじみ出て面白いです  東京から来ているにもかかわらず、まだちょっと山口弁が抜けない彼は身振り手振りでわかりやすく親しみやすい 東京から来たもう一人の加山○三そっくりの彼は残念ながらマスクで隠れていますが芯がありそ…

続きを読むread more

多職種連携 世代間連携 昼も夜も連係! まずは手相から

今年度も若い研修医の方々が次々と訪れてくれています 二番手に来られたのは新潟市民病院の○田舞○先生です。実は学生の時にもここ津川を訪ねて来てくれたことがあったそうです。どうもありがとう さっそく知る人ぞ知る津川の手相を見てくれる小料理屋に行きました。彼女はなんと私と似ている手相でした(内容は秘密) …

続きを読むread more

津川病院に、23年度地域医療研修医が初めて○京大学からやってきました 

昨年度も研修医がたくさん訪れていただきましたが、今年もさっそく東○大学病院から初めて津川病院に地域医療研修医として訪れてくれました。日本海側には住んだことはない(といってもここは山の中ですが)とのこと、カルチャーショックを受けるのではと思いきや、すぐに溶け込んでいます。 好青年で背も高く、足のサイズも29cmとビッグです …

続きを読むread more

ようこそ津川病院へ こんにちは ありがとう

ほほえみより http://www11.ocn.ne.jp/~tugawahp/patient/pdf/hohoemiH23.4.pdf  大地震、大津波、大事故と続いた昨年度。被災地ではいまだに悲惨な状況が続いています。あの昭和の大東亜戦争の終戦後に鉄腕アトムが世の中を救った時代とは全く異なり、平成ニッポンに大きな試練の場が訪れまし…

続きを読むread more

3カ月の地域医療研修 お疲れさまでした

今年から卒業後一年目の臨床研修医が当院に来られています 今回3カ月の地域医療研修を経験した○野俊○研修医が選ぶ研修項目ベスト3ですが 一番は 内科一般外来診療に従事する  二番は 救急患者の診療を経験する  そして三番目に 訪問診療に参加する でした。 いま大病院における研修で一般外来や救急外来を自分ひとりで行う機会はめっきり少…

続きを読むread more

外来での紙芝居 研修医のページ

津川病院の恒例となってきた紙芝居研修ですが、ナイトスクールだけではなく外来待合室でも行っています。それも従来の“紙”でできた見せものではなく、デジタル化された新しいテレビにパソコンを使って映し出してみてもらうようになりました。 便利になりましたね。紙芝居の原稿は津川病院のホームページで逐次公開しますのでご意見ご感想お願いします。htt…

続きを読むread more

阿賀で学ぶ 平成23年元旦 年頭のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 私が津川に来ましてから9年が過ぎ、時の経つのは早いものですね!この間に津川町から阿賀町へと変わり、病院の中で働いている職員の多くが変わりました。しかし平成17年の3月から約80名のとくに若いドクターが地域医療研修として訪れています。若い時期に阿賀町の医療をみるこ…

続きを読むread more

クリスマス 2010年 見事に雪が降りました

ちょうどよく阿賀町にも寒波が訪れて、雪のクリスマスになりました ついこの前まで猛暑だったのをすっかり忘れていました 雪のクリスマスツリーです 津川の○メリで長靴とスノーブラシを買おうかと思ったら、車庫の中に古いのがあったのでやめました 雪国というのを思い出させてくれる季節です 

続きを読むread more

会いたかった から 麒麟山温泉病院忘年会

恒例の病院忘年会が麒○山温泉の古○屋旅館で粛々と開催されました。 事務長の掛け声に始まり おいしいごちそう そして山と同名のご当地のおいしいジュースで盛り上がったところで余興が始まりました 最初に現れたのは病棟チーム。あのお隣の国の美少女グループの曲が流れだし畳の上で病棟美女と美男子が10名程度一斉に踊るというすごもので、とくにキ…

続きを読むread more

津川病院の公用車が更新されました 地域医療の要です

長年地域に親しまれてきた津川病院の公用車がこのたび更新されました。へき地巡回診療や訪問診療などに威力を発揮してきたビッグホーンもデリカとなり、新車の香りで溢れています 道で見かけたらぜひ手を振ってください 名ドライバーさ○るさんがニコッと笑って振り返してくれるはずです。 http://www11.ocn.ne.jp/~tugawah…

続きを読むread more

研修医のページを新設しました 津川病院のホームページです

早くも師走 この前まで猛暑で唸っていたのがあっという間に秋になり、ボウリング大会で汗を流し、万代シティーのペットボトルツリーは眺めていたら、飯豊連峰が雪化粧となっていました 研修医も入れ替わり立ち替わりこの土地に訪れてくれて、大変ありがたいです ということで研修医のページを立ち上げてみました   http://www11.ocn…

続きを読むread more

人事異動 安定した医療の困難性 在宅療養支援病院という選択

医師の人事異動がありました なにしろ数人しか医師がいないので交代時期は大変です おまけに研修医も次々と交代しますので、安定した医療の提供には常に気を遣わなければなりません。当院は県立と言うグループに属していますが、診療圏域は阿賀町のみです。したがって中身は町立病院と同じともいえますが、職員配置は全県的です。町の診療所や訪問看護ステーショ…

続きを読むread more

ワールドカップ日本代表よくがんばった 世代交代が着実に

前評判がよくない時のほうがあまり期待していない分よかったかもしれません。 それにしてもおしかったですね! ゴルフやテニスなどの個人競技と違って団体競技は意外性があるので面白いです。 今まであまりマスコミには騒がれてなかった選手が台頭してきて世代交代がうまく言ったような気がします。(ドイツは若手が着実に育っているのにイタリアやフラン…

続きを読むread more

在宅療養支援病院

みなさん在宅療養支援診療所というのは聞いたことがありますか? そして在宅療養支援病院というのは? 実は当院はこの適用をうけることにしました。 今までは4km以内に他の医療機関があるとだめでしたが、今回の診療報酬改訂にてこの条件が撤廃されたためです。http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryo…

続きを読むread more

2010年 平成22年度が始まりました 新しいスタッフをお迎えして

津川病院の人事異動にて新しいスタッフが到着されました。新事務長さんは地元の方でもあり、阿賀町の保健年金課長さんとも同級生ということで、阿賀町と県立病院の一層の連携が期待されます また新看護部長さんは前任者と同じく南魚沼市のご出身ということで親しみを覚えます 新潟市にもっとも近いへき地(そんなに田舎でもないとは思いますが・・・)の地域医療…

続きを読むread more

40年間ご苦労様でした そして津川病院勤務ありがとうございました

昨日病院の送別会が行われました。南○看護部長が勇退されることもあり、多くの出席者で盛況でした。そのときの挨拶(一応親睦会会長なので)でもお話したのですが、新潟県は全国でも転入転出率が全国で二番目に低い県だそうですが、ここ津川病院はおそらく職員数あたりの転入転出率は新潟県で一番高いのではないでしょうか。 蒲原平野あたりから磐越道で阿賀町…

続きを読むread more

あなたはどのような死を迎えたいですか 平穏死のすすめを読みました

「平穏死のすすめ」をようやく読み終えました。まさに云いたいことを云ってくれたという感じでした。胃ろうによる経管栄養の問題やお看取りについての現代日本の問題点を手厳しく指摘しています。津川病院に入院される方も平均80歳のご高齢の方が多いため、この本で問われているさまざまな問題を抱えています。また隣接する特別養護老人もホームなどの入所者も診…

続きを読むread more

平穏無事にはいかないか 2010年 津川病院のゆくえ

平穏死のすすめ という本を購入しようと思ったら、どのネットショッピングでも在庫切れでした。余計に読みたくなりますね。 さて今年度も残り少なくなってきました。来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、来年度のことも笑われそうです。国も地方も人々もChange!と叫んでいましたが、いい方向に変わるのは難しいですね。今考えていることは下記のと…

続きを読むread more

第8回新潟呼吸ケアセミナー開催される! 呼吸療法士が公に認知されてきました

今年は雪が多くてあちこちで交通事情が悪いにもかかわらず、新潟県内外から集まっていただきました。みなさんありがとうございました。会を重ねるごとに活気に溢れる勉強会となってきました。スタッフのみなさん本当に御苦労さまです。内容もレベルが高く面白いテーマが目白押しであり、そして抄録がすべてカラー印刷というのが素晴らしい{%顔文字喜びhdeco…

続きを読むread more

病院機能評価の訪問審査が終わりました みなさま本当にお疲れ様でした

二日間にわたり病院機能評価の訪問審査を受けました。この評価を頂くメリットは以下の通りです。学生時代の受験に近いものですが、根本的に異なることは、自分ひとりで頑張っても、逆に一人だけ怠けてもうまくいかないというところでしょうか。これってむしろ大変ですよね。結果はともかくとりあえずひと段落です。 http…

続きを読むread more

緊急往診深夜のドライブ 今年を占う出来事・・・か? 

お正月早々に緊急往診がありました。私は少々アルコールが入っていたので運転できず、当直医師と二人で元旦の深夜でかけてきました。 私が津川病院に赴任してきた8年前(早い!)には開業医の先生が数人いらっしゃったのですが、今では一人となってしまい、病院医師が在宅医療まで眼を光らせるという状況になっています。以前私がおじゃました藤沢町の佐○先生…

続きを読むread more

来年も色々なことが起こりそう! よいお年を 地域医療2009年大晦日

28日の受験生予防接種には10名の方が集まっていただきました どうもありがとうございました さて久しぶりの大雪の大晦日で、私としてはとても楽しい気持ちです(不謹慎)。恒例の紅白歌合戦を見ないで歌合戦になりそうなよるですが、白衣も新しいのに変えて待つばかりです。 さてこのブログも3年間を過ぎて4年目に突入しま…

続きを読むread more

地域医療研修 津川病院および阿賀町診療所における経験とは

来年度から地域医療研修制度が変わります。たくさんの科を細切れに回るのではなく、ストレート研修部分を増えますが地域医療研修は以前と同じく必須となりむしろ期間は延長されるパターンが多くなります。2005年から地域医療研修医を受け入れ始めて現在までなんと64名が津川病院を訪れてくれました。ありがとうございます。 従…

続きを読むread more

とうとうインフルエンザのナミが押し寄せてきました 阿賀町にも

とうとうというかようやく当院で5月以降はじめてのA型インフルエンザの患者さんが確認されました といっても関西や東京などのすでに流行のナミが押し寄せた地域に比べればかわいいものです 新型かどうかは分かりませんが、かなり可能性は高いでしょう  沖縄では不幸の転帰をたどった新型インフルエンザ感染者も報告されており、気を引き締めてこの連休を乗…

続きを読むread more

いかに生きるか 平成21年度 ほほえみ巻頭言

いつもより早い桜に戸惑いつつ7年目の春を迎えました。日々の仕事に追われながらも、最近「自分はどのような最期を迎えたいのだろうか」ということを考えるようになりました。それは裏返せばまさしく生についての悩みともいえます。 ふと10代に読んだ本(「いかに生きるか」森有正1976講談社新書:絶版)を思い出しました。若かりし当時のこんがらがった…

続きを読むread more

新潟県立津川病院 異動の季節になりました 今年も大勢の方が・・・ 

昨年ほどではありませんが、10数名以上の看護師さんなどあわせて20名近くの方が津川病院を卒業していきます。阿賀町津川は今日みたいな暖かい晴れた日なんかは本当に気持ちのよい住み心地のよい田舎として最高なのですが、やはり都会志向の若者には時間が止まるかと思うほどの夜の静けさが耐えられないことも多いようです。それなりに自分の目標を持って地域に…

続きを読むread more