テーマ:訪問診療

これが雪国の訪問診療です まつだい

例年より少し雪が少ない新潟市ですが 新幹線を乗り継いで ちょっと山に向かうと 4メートルを超える雪の壁と 雪ウサギの足跡に出会えます そんな リゾート地 で訪問診療を長年実践されている先生のところに 地域医療実習の学生の帯同という名目で お邪魔させて頂きました 学生の森○くんが晴れ男なのでしょうか 久しぶりに青…

続きを読むread more

地域医療実習10班 今回は半日短縮スケジュールですが 満足満腹

1学期最後の実習班はテストのため短縮スケジュールでしたが みんな満腹で帰ってきました 今回は暑い日が続いていたので水分だけでなく塩分も補給してきたようです 土用の丑の日にはもちろんウナギをちらして なんと某先生お手製のピザまで(ありがとうございます) あんまり美味しくて食べ過ぎたのか つい…

続きを読むread more

personal physicianかかりつけ医の役割とは何か

personal physicianかかりつけ医について 研修医や学生さんの授業などで 下記のようなことを話しています ただし最近の医療事情において、その情報量は膨大で収拾がつかなくなってきます (ちなみにかつての職場における私の部屋のようです) American Academy of Family Phy…

続きを読むread more

でんかるどうにゅうご1か月たちました 津川病院

電カル開始して約1か月が過ぎました 最初の頃は一人1時間かかっていた訪問診療も少しずつペースが上がってきました 若い先生方はもう慣れたものです 患者さんのお宅でキーボードを叩く研修医 まだ津川に来たばかりですが早くも使いこなしています それでも紙媒体の 連携ノート への記載は必要です    むしろ電子カルテ導…

続きを読むread more

超高齢社会に超ハイテクを! 出向く医療もとうとうIT化 

新潟日報14面に訪問診療における電子カルテ運用開始の記事が載りました たまたま学生帯同の日でしたが、運用初日のため患者さんよりもカルテに 心が囚われてしまい 申し訳ありませんでした それでもにこにこ受け入れてくれるご家族に  感謝 まだ紙カルテを持ちながら回っているのですが、半年間に完全移行を目指しています(…

続きを読むread more

とうとうでんかる かいししました 津川病院

とうとう始まりました あの県立津川病院に電子カルテシステムが とうとう入りました 患者さんや医療者が変わる訳ではないので、外来風景は今までとほぼ同じですが クラークさんがひときわ光ってきます 病棟でも端末の前でびしっとオーダー入力をしている○つぼ先生  かっこいい! なんと在宅訪問診療でも…

続きを読むread more

こうやって育っていくんですね オール新潟による次世代医療人の養成

いまにいがたでは オール新潟による次世代医療人の養成 なんてことやってます http://www.nuh.niigata-u.ac.jp/jisedai/ 新潟県内各地のまだ蕾も多い桜並木を駆け廻る訪問診療 開花が楽しみですね 【1】いまはまだ医師という仕事がよくわからない臨床実習始まったばかりの医学生 【2】「先生」…

続きを読むread more

阿賀町は今日も暑いがエアコンがある 花火もある

今日はお盆休みで帰省客で賑わうところ 訪問診察で練り歩いてきました 東京から地域医療研修に来ている森〇ま〇か先生と午後の最高のときにご一緒しました こういうおうちはクーラー(=エアコン)がなくても涼しく快適です 阿賀町では高齢化率41%にもかかわらず、熱中症にかかる人が少ないのは、やはりエアコンの普及率が高いためかもし…

続きを読むread more

阿賀町訪問診療 2013年夏の一コマ

夏休みでもお盆休みでも病院は訪問診療を休みません 研修医の〇井俊〇先生と暑い中行ってきました 八木山地区のとてつもない急坂沿いのおばあちゃんのおうちへの道は車一台がやっと通れる程度、この坂道を上り下りしていた方はやっぱり長生きしていますね 大牧地区に行く途中の旧国道49号線は一部道路が崩壊していて、片側一車線通行 …

続きを読むread more

無くしてから値打ちが解る

私はいろんな物を捨てられずに何でも取っておくほうなので、今回院長室から部屋を引っ越す時に大変なことになってしまいました 先日認知症のお薬も飲んでいる患者さん宅へ訪問診療に行ったときにこんなカレンダーをみつけました よく認知症になった人はむしろ幸せだという方もいますが、じっさいはどうでしょうか 確かに記憶をある程度失った…

続きを読むread more

財団法人住友生命社会福祉事業団 第六回「地域医療貢献奨励賞」

本日新潟日報に上記に関する記事が載りました。 素直にこの受賞を喜んでおります。 しかしこれは私個人へのご褒美というよりも、私と直接的、間接的に関わりを持っていただいたチーム員全体への評価と考えます。 奢ることなく、足元を確かめながら、さらなるステップへ向かって精進する次第でございます。 今までありがとうございました …

続きを読むread more

雪の中の訪問診療で出会った温かい生菓子

今年は雪がこのまま残りそうな勢いで降っている中、〇岡〇亮研修医と訪問診療に行ってきました。さすがに長靴でないと無理なので、研修医に代々引き継がれているものをはいてもらいました。 寒さはまだそれほどでもないためコートはまだそんなに厚手でなくても大丈夫ですがさすがに白衣は寒そうです 真剣なまなざしで診察を終えた後、あのおいしい和…

続きを読むread more

大きな栗の木の下で ほうもんしんりょう ナイススティック

暑さ寒さも彼岸までといいますが、めっきり気温が下がり秋が訪れました 今年の訪問診療に行って気づいたのは、栗が大きくなっていることです ということでお昼にはヤマザキのナイススティック 粒入りマロンクリーム&ホイップ をいただきました http://www.yamazakipan.co.jp/recommend/index.html…

続きを読むread more

東京からの若い研修医も頑張っています 雪の中の訪問診療

今年から東京から地域医療研修医が来てくれるようになりましたが、やはり心配なのが冬場。加湿器か除湿器かの理解はできても、この季節の雪国生活は住んでみないとわかりません。ということでこの大雪の中でも訪問診療に同行してもらいました 寒さはそこそこですが、やわらかい雪道を歩くのにはちょっとしたコツがいります。  室温14度、湿度37%・・…

続きを読むread more

月山 阿賀町の話です

月山 といっても阿賀町(旧上川村)にある小さな山です。今は雪に埋もれていますが、野鳥の宝庫として有名だそうです http://www.town.aga.niigata.jp/kankou/shizen/hiking/index.html 正月3日の訪問診療の時に撮影しました 津川に来て10年ですが、ようやく山の名前を覚え…

続きを読むread more

今日は訪問診療 雪よりも寒さが・・・

今年のお正月は雪景色 新潟だと当たり前と思う方も多いでしょうが、意外と雪のないお正月が最近続いていたので落ち着いた感じです 今日は臨時の(予約はしていましたが)訪問診療を数件こなしてきました いつもより1人当たりの時間を長く取れるので、個人的には大好きな訪問診療です 玄関前の木には50cmくらいの帽子のような積雪がありますが、 上…

続きを読むread more

クリスマス・イブ 雪の夜 そして訪問診療

今日はクリスマスイブですが阿賀町(というか新潟県)は大雪 ロマンチックを通り越してどかどかと降り積もっています そんな中訪問診療に行ってきました。 福島県境の集落の方でしたが、津川地区と違って道路につもっている雪が倍以上あり、さすがの私の4WD車でもちょっとスピードが出せず、いつもなら15分くらいで着くところを30分かけてようやく到着 …

続きを読むread more

訪問診療三態 津川病院訪問医療の実際

狐に騙され続けていた3人の研修医も早くも卒業の時期が近づいてきました。さすがにきちんと訪問診療ができるようになりました。 まず若大将のユ○ン  颯爽と家から家を回っていきます 次は○ウヘイ  以前船着き場だった小花地集落での一コマ 高齢者相手でもそつなく診察 だが連日二日酔いか?  三人目はタツ○  聴診器の使い方も…

続きを読むread more

2010年 地域医療研修 訪問診療 美しいふるさと

お陰さまで地域医療研修協力施設として2005年から研修医を受け入れ始めて5年が過ぎました。当初は体験中心の劇場型研修から、最近では実際に働いて経験してもらう研修に変わってきました。とくに訪問診療に関しては、昔ながらの往診中心から現代の多職種連携による計画的チーム医療に至るまで試行錯誤ながら変化を遂げてきました。 本日もさっそく研修医と…

続きを読むread more

残暑厳しいあとに続く大雨 揚川ダムほとりの集落に訪問診療に行ってきました

かき氷やさんが一日にしてまったく売れなくなったとテレビで話していました。新潟地方も休みの日に限って大雨のが続き稲刈りも遅れ気味です。今日の訪問診療は揚川ダムの上流にある阿賀町の小花地という部落でした。揚川ダムは1963年に竣工されたということですが、訪運転手の○江さんによると、造成工事の頃あたりの部落は工事関係者などでたいそう賑わってい…

続きを読むread more

訪問診療訪問看護の需要は増加の一途 あとは財源次第

在宅医療が必要であるが財源が問題です。今起きているお国の騒動もますます医療情勢を不安定にさせるかもしれません。現在阿賀町の訪問診療はおおよそカルテベースで月当たり250件(診療所とも合わせて)ですが、このペースは落ちるどころかますます増える勢いです。訪問看護も然り。さて問題は人とお金です。 わずか60床足らずの小病院に250ですから、…

続きを読むread more