テーマ:新潟県

人口減少社会には親睦が大切

新潟県は明治のころ 日本一人口が多い県だったそうですが 最近は230万人あたりをふらふらしています ちなみに 私の生まれた1960年(ジャイ■ント○場デビューの年)が左 私が平均寿命までもし生き延びた場合が右(2050年)です ちなみに 今の高校生が生まれたころ 現在 そして彼ら(彼女ら)が2倍の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘己利他

己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり これ伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)さまのお言葉でもあり 初代自治医科大学 中尾喜久学長のメッセージでもあります 全寮制をしいている当大学の学生寮にもこの精神が息吹いていました 久しぶりに新潟県在校生と面談してきました なんと47都道府県の中で唯一男子学生のみとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟県出身者の集い in 東北

東北地方のあるまち(都市)にて 新潟県出身者の集いを行いました 学生さんはみな新○高校(俗称ケンタカ)卒業生 ということで プチ同窓会となりました 新潟から県外に出て勝負している若者たち 活気にあふれてますね 卒業後すぐに戻ってきてもらうも良し そのままキャリアを積んでいくのもよし いろんな生き方を試してく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季新潟県卒後臨床研修合同ガイダンス

まだ梅雨明けはしていない新潟県ですが 新潟県内の基幹型臨床研修病院の合同ガイダンスが開催されました http://www.pref.niigata.lg.jp/ishikango/1356789381571.html ●対象 医学生、医学生のご家族(ご家族の参加は個別相談会までとなります。) ●日時 平成2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わる「地域医療」 魚沼基幹病院開院まで1年

新潟県の地域医療は大きく変わろうとしています 医師不足・医師偏在の解消 そして 医師として 新潟県民として 本当に地域のために貢献できるか 大きな試練の場が訪れようとしています でも (いつも学生や後輩にそう云っている手前もあり・・・)       ピンチは チャンス ですね 過疎地(医療過疎地も)では 都市部にはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移植医療支援センター

http://www.nuh.niigata-u.ac.jp/department/center30.php# 新潟の脳死ドナーは全国3位だそうです 新潟大学医歯学総合病院でも移植医療支援センターが活躍しています http://www.nuh.niigata-u.ac.jp/department/center30.ph…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうやって育っていくんですね オール新潟による次世代医療人の養成

いまにいがたでは オール新潟による次世代医療人の養成 なんてことやってます http://www.nuh.niigata-u.ac.jp/jisedai/ 新潟県内各地のまだ蕾も多い桜並木を駆け廻る訪問診療 開花が楽しみですね 【1】いまはまだ医師という仕事がよくわからない臨床実習始まったばかりの医学生 【2】「先生」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グローバルとローカル 平成の大合併 新潟県は・・・

雛祭りケーキもおいしそう そんななか、地元新聞では県内自治体合併の検証について掲載を始めるそうです まさしく グローバルとローカルの問題ですね 平成の大合併10年 県、効果を検証 自治体の運営に活用 今夏にも結果公表  平成の大合併が本格化してから2014年で10年の節目となることから、県は県内の市町村合併について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医学生交流会 in 新潟

地域医療実習は5年生全員が必修 大学実習との違い をいろいろな角度で感じてきてもらって そのお話を聴いています 医学部学生もいろいろな性格、考え方、出身地、性別、趣味など多岐にわたるので、地域医療に対する感想も多様で面白いです 超高齢社会を自分の身内になぞらえて真剣に悩む人もいれば ちょっと興味がないなあというオーラ満載の人もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師への道はどのように形づくられるべきか 新潟大学医学部体験講座

最近の高校にはメディカルコースなどが造られるようになってきました 少なからず私も関わっているのですが、新潟県の医師不足解消への好影響がようやく期待される傾向が認められるようになりました 新潟日報平成26年2月14日28面 http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/newseye/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医学科体験実習を受けてもらってよかったよかった

大寒にもかかわらず 今年入学した医学科学生さんのところに地元新聞社の記者が取材に来てくれました(私は一応教官として同席) おふたりとも中高一貫校の卒業生 なんと3年前の高校時代に、新潟大学の医学科体験実習を受けていたのでした ふたりとも爽やかで礼儀正しくて、さまざまな記者の質問に真摯に答えていました 私の頃の医学生とは違いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チームじょんのび合宿に参加して

大雪の中じょんのび村に行ってきました 学生15名 指導教官5名の総勢20名でした 目的は新潟県の地域医療を考える活動を始めるための学生による仲間づくり 1m以上雪に囲まれたバンガローの中で議論が交わされました グループに解れて新しい提案をどんどんあげてもらいました さらに夜は十日町イオンで食材を購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟の観光や街づくりに遊び心とおもてなし精神を

新潟は四季がくっきり 食材は豊富で新鮮 交通網も整備されている政令都市 冬のお天気はさすがに関東地方とは異なりますがとても恵まれた地域だと思います なんですが・・・ 街づくり 観光がはっきりいって下手です 以前より新潟のまちづくりには違和感を覚えています 先日 みなとぴあ http://www.nchm.jp/ と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事前登録 8月20日までお得です! 全国の集いin新潟2013 

津川病院玄関の朝顔がようやくひとつ咲いたと思ったら とうとう新潟も梅雨明けしました とはいってもあっという間に夏は過ぎ、秋になればあのお祭りが待っています 在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク 第19回全国の集いin新潟2013 事前登録がお得です お早めに! http://homecare-nii…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の雨はおかしい

最近世界中の気候がおかしくなってきているような気がします 新潟県はまだ梅雨明けしていませんが、それにしてもスコールのような大雨が間歇的に降り続くと 2年前の大水害を思い出します http://17041615.at.webry.info/201108/article_1.html ちょうど先日訪問診療に行った(http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レジナビ2013

東京ビッグサイト レジナビに来ています http://www.residentnavi.com/rnfair/details.php?smno_id=10298 始めての参加ですがその規模には驚きました (隣のネイリスト検定に集まる若者はもっとすごかった) これはもうお祭りですね まあ久しぶりに同級生や先輩後輩に会えたりして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良医育成コンソーシアム ニュースレター特別号

新潟県では良医育成コンソーシアムというじょんのび団体があります 春夏秋冬 研修医そして医学生を見守っています http://www.pref.niigata.lg.jp/ishikango/ishiconso.html  「良医育成新潟県コンソーシアム」は、新潟県と県内の全臨床研修病院が共同で、本県の医療を担っていただく「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出身地とは? その2

新潟は北海道に次いで県外への転出率と県内への転入率が低いと云われています 関越道、北陸道、上信越道 磐越道についで五つ目の日本海東北道の着工のめどがつき、 上越新幹線についで北陸新幹線がもうすぐ開通! というのにです   田園に弧を描く未来の新幹線高架橋です 久しぶりの○山駅は半分以上なくなり、新しい駅舎とホームが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出身地とは?

最近にいがた出身の医学生と触れ合う機会がありました ところで出身とはどこを指すのでしょうか? 私もよく略歴を出してくれと言われて出身地を本籍地(鹿児島県)とするのか出生地(神奈川県)とするのか はてさてもっとも長く生活している新潟県とするのか よく悩みます 生まれ育ったところとしても私の場合は 佐賀県、広島県、千葉県にも居たことがあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域医療のゆくえver2.0 はじまりはじまり

謹啓 陽春の候 いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます さて 私儀  この度 平成25年4月1日付けをもちまして 新潟県病院局参事および新潟大学大学院医歯学総合研究科 総合地域医療学講座 特任准教授を拝命し就任いたしました 県立津川病院 在任中は 公私にわたり一方ならぬご厚情を賜り厚く御礼申し上げます もとより微力では…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

津川病院長を退任いたします 10年間ありがとうございました

謹啓 陽春の候 いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます                                   さて私儀  この度 平成25年3月31日付けをもちまして新潟県立津川病院長を退任致しました 平成15年4月の就任以来10年間 何とか大過なく職務を全うすることができましたのも ひとえに皆様方のご厚情による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成17年から平成24年まで127名 基幹病院別研修医数

県立がんセンター新潟病院と新潟大学から初めて地域医療研修医を派遣していただき7年が過ぎました その後127名の研修医が訪れてくれるとは思いませんでした 基幹型病院別の研修医数には変遷がありますが、これからもよろしくお願い申し上げます この笑顔が新潟県そして日本の医療を変えることでしょう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟県立津川病院の沿革 その2

H12(2000)/4/1 院長 小幡 八郎。介護保険法の施行に伴い、「訪問看護」「居宅療養管理指導」について居宅サービス事業者の「みなし指定」を受ける。 H13(2001)/4/1 医事業務を全面委託。 H14(2002)/3/4 病棟浴室改修(一般浴室新設)工事終了。 H14(2002)/7/1 眼科用レーザー光凝固装置…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

新潟県立津川病院の沿革 その1

S28(1953)/6/1  地域医療確保と疾病予防・治療の一体的運営を図るため、保健所と連携した特色ある病院として開設。病床数32床(内科・外科・産婦人科)。院長 小穴 聡。 S28(1953)/9/8  一般病床を増床し56床となる。 S29(1954)/4/1  伝染病棟25床を管理運営委託。 S29(1954)/6/1  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

異動内示20130315

公務員の宿命は職場異動です 国家公務員は日本全国ですが、この広い新潟県内の移動も生活が大きく変わります。 病院職場の専門職は病院局内での異動ですが、事務職はまったく病院とは関係のない県庁および出先機関への出向もありダイナミックでドラマチックな年度末となります 最近の若者はこういう職場を敬遠する傾向もあり、市立病院とか都市部の民…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

財団法人住友生命社会福祉事業団 第一回「地域医療貢献奨励賞」

第一回地域医療貢献奨励賞は現在小出病院院長の布施先生が受賞しています 今までの受賞者数38名中新潟県2名ということは新潟県の地域医療が全国的に注目されているのか それとも医師不足対策も含めて叱咤激励なのか これからも険しい坂道が続きます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more