テーマ:プライマリケア

第36回日本高血圧学会総会 プライマリケア連合学会合同シンポジウム 発表前です

先週に引き続き関西にやってきました 上記学会参加なのですが、実は初めて 申し訳ありません 日常診療に直結する話が満載で勉強になります 本日の発表内容はいつものお話と一緒ですがパワーポイントのアニメーションに 工夫を凝らしてみました ビデオにもしてみましたので期間限定でご覧ください …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回新潟プライマリケア研究会を開催します 

プライマリケア、家庭医、総合医・・・いろいろな表現がありますが、第四回新潟プライマリケア研究会 (事務局は日本プライマリケア学会 新潟県支部 http://plaza.umin.ac.jp/~npcngtb/index.html)  が開催されます。一応私が当番会長ということで宣伝させていただきます。今回は(今回も!)コメディカルの方々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合医とは その3

本日第3回新潟県プライマリケア研究会(いわゆる地方会)が新潟県医師会館で開催されました。 非常に興味深い内容でした。 特に印象に残ったのは伊賀先生(あのケアネットで有名な http://www.carenet.com/dr_iga/index.aspx )のご講演の中で 非専門医の到達目標という表現をなされていろいろと解説されたとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合医とは その2

生活を守る ことと具合が悪くなったときの救急初期対応の二つの総合医の側面はお互いに関係があります。在宅主治医に把握できないことが病院の中(入院)では存在し、その逆もしかり。例えば在宅寝たきりの方が高熱にて医者にみてもらおうかと考えるときに、在宅主治医と病院当直業務医が同一人物であれば問題ないのですが、現実は別人のことが多く、患者さんの情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合医とは

インフルエンザにて延期となっていたプライマリケア関連学会連合学術会議に参加してきました。評議員会と総会は今までにないほどの活気にあふれたものでした。 というのはプライマリケア学会と家庭医療学会と総合診療医学会が合併への一歩を踏み出したからです。これはおそらく歴史的な出来事ではないでしょうか。私たちから見てもそうですが、総合医を目指す若い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住民参加型医療とは まず自分自身の情報を整理していくこと

住民参加型医療とはどのような医療でしょうか?超高齢者が多い阿賀町においても住民参加はキーワードです。 もともと今の時代医師と患者のパートナーシップは当たり前です。参加どころか患者さんは主人公となるわけですが、住民参加となると患者参加とはちょっと違うニュアンスがありそうです。確かに患者と住民は異なると以前お邪魔した岩手県藤沢町の佐○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手県 藤沢町民病院の先進性

はっきりいってすごかったです 佐藤院長の下、医療福祉保健の複合体が見事に構築されていました。http://www.echna.ne.jp/~fmh/index.html 事務長さんもおっしゃっていましたが、的確で迅速な判断力が決め手だそうです。温厚で穏やかな話口の裏に熱い魂を感じました。今後の方向性で悩ん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

頑張っている人にご褒美(報酬)を! 介護は本当に大変なのです

単純に考えると必要なところに必要な手当てをつけていくのが筋でしょう しかし税金もそうですが、用途が不明になってしまったり、事業者だけにメリットがあったりすると困ります。○○省ではないですが、住民(国民)の監視を確実にしつつ私たちも出すべきお金は出さないといけないと思います。素人が単純に考えると、介護と医療はやっぱり一体となって動いている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

突然の辞任 

大きな衝撃を受けました。それでも少し離れたテレビ感覚で(そのものか!)辞任会見をみました。一国の主ということで全国民の大きな関心事であり、お国がお国であれば非常事態に匹敵するでしょう。ところが今日の仕事はたんたんと(ちょっと忙しかったのですが・・)すすみ、いつものように当直に入っています。 今まで国の政治の中で話し合われてきたいろいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵が完成してから額縁をつくるよりもまず展示を 総合医創設に向けて

この前の医学生の講義の時に、一番難渋したのが総合医の説明でした。何を持って総合医とするか、この命題に関して日本の医療界では依然として論争が絶えないところです。大臣と医学会会長もおっしゃるように http://www.excite.co.jp/News/society/20080710/Cabrain_17083.html 総合医制度を早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高度なプライマリケアは高度な専門医療を産みだすのでは ともかく二次救急見直し賛成

高度専門医療の発展はそれを支えている高度なプライマリケアがあってこそ初めて実現されるのではないかと最近本気で思うようになりました。いかんせんプライマリケアという言葉の意味合いが人によって異なるのが困ります。総合医や家庭医も同じです。また救急の現場から考えると、一次、二次、三次と国策で勧めてきた区分けが最近うまくいかなくなってきたように思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more