地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 医療が崩壊しないためにはどうすればよいか 文芸春秋 2008年8月号

<<   作成日時 : 2008/07/20 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

医療が崩壊していかないために、医師不足や医療費の予算拡大が本格的に検討されています。大変ありがたいとともに、そういう世間さまのご支援を医療界の人々がいい方向に使ってくれるかどうか少し疑問に思うところがあります。はい、そういう私も医療人のはしくれなのですが・・・
そういえば文芸春秋2008年8月号に下記のような記事が載っていました。どうしてもアピールするところは医療の一部に限られるのですが、今までよりも普遍的な方向性を目指すような視点になっていると思いました。

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/index.htm

総力特集
医療崩壊を越えて
ドキュメント
奇跡の病院 理想の医師 吉原清児
1 リハビリ病院 長嶋、オシム復活の秘密
2 がん消滅 重粒子線治療の凄さ
3 救急医療 “走るER”ドクターカーの実力
4 婦人科がん 手術しても赤ちゃんが産める
5 在宅ホスピス 「大往生」を導く看取り


画像

 さあいま旅立ちの時 ツバメの子供たち

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
医療が崩壊しないためにはどうすればよいか 文芸春秋 2008年8月号 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる