地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿賀町ナイトスクール25回目 延べ参加者数466名

<<   作成日時 : 2009/05/26 21:11   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

阿賀町ナイトスクールという名称を使っていますが、阿賀町の公式行事ではありません。ボランティアナイトスクールを昨年度8月から始めて25回目が終了しました。延べ参加者数は466名、スタッフは147名です。ひとつの集会所に10人前後集まっているのでこの数字でも結構稼いだ方になります。田植えも終わった夕暮れ時の田舎はいいものです。あなたもぜひ参加してみませんか?
画像

押手集会所 阿賀町

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日のNHKで地域医療の特集見ました。地域の医療は地域で守り育てる…という心意気が必要なのかな?と思いながら見ていました。
ところで、466名の参加者に対し、25回開催した阿賀町ナイトスクールの目的とその成果について教えてください。
ベテランナース
2009/05/26 23:30
私もETV特集みました 胸のすく思いで観ていました。 ところでナイトスクールの目的ということですが、「健康ファイルを通した住民と医療者の意識変革」というところでしょうか。しかし成果は・・・まだわかりません。
ぶんぶん
2009/05/26 23:47
藤沢町民病院の佐藤です。
ナイトスクール466名はすごいと思います。
医師などスタッフが地域に出向いて患者とではなく住民と語り合うことは,両者に理解と信頼ををもたらすと信じています。
藤沢町ではいよいよ一関市との合併が最終段階に入りそうです。住民の一番の心配は医療と介護だと言われています。今年のナイトスクールは合併後も継続できる医療,介護サービスが中心の話題となりそうです。
以前からお願いしているナイトスクールを考える現地研修会は,各地の医療を支える住民の動きがあることから,その代表の方にも参加してもらえるように具体的に計画しつつあります。一番の目玉は阿賀町のナイトスクールです。よろしくお願い致します。
佐藤元美
2009/06/08 05:58
高知県の山間部にある人口4千人足らずの町(梼原町)で地域医療をやっている、自治医科大学15期生の的場といいます。梼原病院も今年度から地域にスタッフが出向いて、座談会を企画しております。すでに実施されている施設の先生方を見習い、病院を住民の皆様の必要なものとして存続するよう、試行錯誤してやってききたいと思っています。
的場 俊
2009/06/28 09:08
このブログを通じて、地域医療の円滑化には地域住民との交流が重要なのではないかと示唆されて、その輪が広がっていっている・・・そんな心強さを感じました。先生方のご活躍素晴らしいです。
ベテランナース
2009/06/29 22:03
いろんな地域で住民と医療者の対話や歩み寄りが必要だということを感じる人が増えたということでしょうか 的場先生もがんばってください!
ぶんぶん
2009/07/01 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿賀町ナイトスクール25回目 延べ参加者数466名 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる