地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 地域連携って何?

<<   作成日時 : 2014/09/11 08:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

いつもFaceBookで交流している済〇会新潟第二病院の眼科勉強会に参加させていただきました
『済生会新潟第二病院 眼科勉強会』
 1996年(平成8年)6月から、毎月欠かさずに続けています。誰でも参加出来ます。話題は眼科のことに限らず、何でもありです。参加者は毎回約20から30名くらいです。患者さん、市民の方、医者、看護師、病院スタッフ、学生、その他興味のある方が参加しています。眼科の外来で行いますから、せいぜい5m四方の狭い部屋で、寺子屋的な雰囲気を持った勉強会です。ゲストの方に約一時間お話して頂き、その後30分の意見交換があります。
http://andonoburo.net/category/on/saiseikai
今回はなんと223回目
  継続は力なり

〇藤先生のバイタリティには頭が下がります
わたしも一度お話しさせていただいたことがあるのですが
http://17041615.at.webry.info/201403/article_4.html

今回は以前から聴きたかったあの方のご講演
演題: 「地域連携って何?−済生会新潟第二病院の連携室を通じて−」
演者:斎川克之(済生会新潟第二病院 地域医療連携室長)

いいお話しでした
医療連携の現状、とくに新潟市の取り組みの概要をつかむことができました
行政と上手に組めるというのはそれほど容易いことではないと思うのですが
見事にいろいろなプロジェクトをたんたん(とみえる)進めていらっしゃいます
画像

しかし本当に眼科外来の椅子を並べ替えて
壁にプロジェクターを照らしながら話すんですね
医療関係者だけでなく 患者さんや
 ボランティアさんなど 一般の方が入っていることが
素晴らしいと思います

そしてそして
なんとウェブ配信もしているんですね!
画像


 今回の勉強会の一部は、「新潟大学工学部渡辺研究室」と「新潟市障がい者ITサポートセンター」のご協力によりネット配信致します。以下のURLにアクセスして下さい。下記のいずれでも視聴できます。

   http://www.ustream.tv/channel/niigata-saiseikai 
   http://nitsc.eng.niigata-u.ac.jp/saiseikai/ 


いま世界そして日本では
保健・医療・福祉のすべての領域において機能分化、高度専門化を追求していますが
生身の人間の心や体は分けられません
もちろん各専門職はプロとしてレベルアップのための惜しまぬ努力は当然必要です
そしていま、各専門職の成果を現実の人間社会に当てはめて紡いでいく
斎川さんのような“職人(芸人?)”が
活躍できる時代になったんだなあと思いました
しもまちや西区などのローカルネットワークの醸成がいずれ
新潟を、日本を、そして世界を変えていくでしょう
みんなうかうかしてはいられないぞ・・・


ヨシミネの感想でした

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地域連携って何? 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる