地域医療のゆくえ ver3.0

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成29年 年頭所感(抜粋)

<<   作成日時 : 2017/01/04 21:15   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


新年明けましておめでとうございます

新病院に向けて
一期工事の課題を振り返りながら平成32年全面開院を目指してみんなで創りあげよう

電子カルテ
今年は入院診療への導入予定 ぜひともご協力のほど

病病連携
圏域の高齢化と人口減少に歯止めはかからず今後も高齢者医療が焦点になると予想。総務省の新公立病院改革プランや厚生労働省の地域医療構想などさまざまな国の施策が進められる状況において、病院と病院の連携(病病連携)がやはり大切。「顔の見える関係」から「腹を割って話し合える関係」まで深めていきたい

集める医療と出向く医療
現在の診療報酬制度における病院の安定的な経営には、医療看護必要度、在院日数および在宅復帰率などの要件をクリアする必要があり、救急医療が重要。当院は住民の最後(で最初)の砦として、いまもなお年間約2000件の救急車を受け入れており、さらに地域救急ステーションと有機的に繋がりながら、救急医療を安全に確実に実践していきたい。
もうひとつの重要な機能が退院調整。地域の療養病床が消滅してしまった当医療圏では、福祉との連携、在宅医療へのスムーズな移行が強く求められる。医師会や行政と連携しながら地域包括ケアシステム構築に向けて積極的に関わっていく。
一方病院に歩いて来られない患者さんは今後益々増えていく。直接患家に赴いて診療をする訪問診療は松代病院との連携のもとで可能性を探っていきたい

次世代医療人の養成
今年も看護師、臨床検査技師、放射線技師、栄養士、臨床工学士、リハビリテーション専門職、医療クラーク、ソーシャルワーカー、薬剤師、医師など、将来の仕事として医療介護分野を目指す多くの若者が当院を訪れる。忙しい日常業務の中でも彼女ら彼らに楽しくきびしく、そして誇りをもって。いずれ仲間となり、そのうちお世話になることがあるかも。次世代医療人をみんなで育てる。

本年が、職員一人ひとりにとって、実り多き素晴らしい一年となりますように

平成29年元旦
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成29年 年頭所感(抜粋) 地域医療のゆくえ ver3.0/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる