インタビュー その3

https://www.m3.com/news/kisokoza/743609 ――新たに総合診療専門研修プログラムなどスタートしているそうですが、その理由を教えてください。 以前より総合医、家庭医、プライマリ・ケア医などの必要性は、医療界のみならず多くの人々の間で議論がなされてきました。日本専門医機構における総合診療専門研修プログラ…
コメント:0

続きを読むread more

インタビュー その2

https://www.m3.com/news/kisokoza/743608 ――人口減少・高齢化問題に対処するため、十日町市は2014年に「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」を策定したそうですね。 ええ。十日町市は他の地域よりも人口減少の波が早く訪れたため、対策についても比較的早く講じられました。現在、十日町市では地域の…
コメント:0

続きを読むread more

インタビュー

あるインタビューを受けましたまだ新型コロナウイルス感染症の非常事態宣言が発令される前でしたので対面でお話しさせていただきましたご笑覧ください https://www.m3.com/news/kisokoza/743607?prefecture_id=15 【新潟】救急をしっかり、包括ケアをしなやかに。新病院2020年秋全棟開院予…
コメント:0

続きを読むread more

オンラインかるた

以前ご紹介した医療安全いろはカルタhttps://17041615.at.webry.info/202005/article_1.html を用いてオンラインかるた大会を開いてみました あのよく使われているアプリ (画像は今回とは無関係のweb会議です)により5人に接続し読み札も含めてまずはアナログのかるたを全員に渡しました …
コメント:0

続きを読むread more

島みかん

父親はたいそうお酒に強く日本酒でもビールでも焼酎でもワインでも二日酔いになった姿は記憶にない その遺伝子は半分以下しか受け継がれなかったらしくあまり飲めないのだが雰囲気は好きである 飲んだらすぐに顔が赤くなるのだがアルデヒド脱水素酵素のヘテロ型だけでもないように最近思う 赤ワインはポリフェノールがたくさんあるので体によ…
コメント:0

続きを読むread more

医療安全いろはカルタ

研修医教育の一環としてカルタを使ってみようかと思って購入してみました http://www.lmc-japan.jp/html/activity/karuta.html 【適応】* 医療事故経験病院の安全対策向上のために* 新人職員の研修教材として* 医療安全運動推進のために【用法】 * 各部署でご使用ください(全員参加が望ましい)…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】⑩

今月になり新型コロナウイルス感染による世界中の死亡者は増え続けています これは数の多さだけではなく感染症に対する考え方医療についての概念 そして人間の創り上げてきた社会の変容を促す 大きな出来事になりつつあります これが戦争による出来事でなかったことにいまたいへん安堵しています 新しい街づくりに新しい国づくりに繋げてい…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】⑨

微酸性次亜塩素酸水ってご存知ですか? 実はワタクシはハ◯ターとおなじようなものか程度の知識しかありませんでしたが以前より食品添加物として野菜の殺菌などに使われているようですhttps://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/08/dl/s0819-8k.pdf そしていまCOVID-19感染対策として少し注目さ…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】⑧

今ではあまり見かけなくなりましたが昔の体温計では37という数字はご覧のように赤くなっていました さてここで質問です 平熱とは何度でしょうか?発熱とは何度以上でしょうか? 以前よりhttps://17041615.at.webry.info/202003/article_2.html 軽度の発熱をイエローゾーンとして自主的に行…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】⑦

新しい病院の工事が急ピッチで進んでいます 夜中まで灯を点しながら 以前PPAに言及しましたがhttps://17041615.at.webry.info/202004/article_4.htmlもう一度触れます 当院は医師一人当たりの患者数が世界で最も多い地域なので 圏外からたくさんの応援医師を迎え入れることにより何とか医…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】⑥

桜が満開です お花見は個人で楽しむのは特に問題はありません 集まって呑んで食べて大騒ぎしなければ 特に問題はありません COVID-19においても個人で受診すれば感染のが拡がるを防ぐ事が出来ます 例えばドライブ・スルー(資料画像・・・文脈とは無関係です) 新潟県では全国に先駆けてPCR検査をドライブスルー方式で行…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】⑤

個人防護具のことを英語でPPEPersonal Protective Equipmentといいます・N95マスク、ゴーグル、ガウン、手袋、エプロン、キャップなどいろいろな装備がありますが 今回フェイスシールドを作ってみました 某百円均一ショップを2軒 ただしお店は大混雑三つの密を避けながら何とか材料をかきあつめてまあまあのができあがり…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】④

十日町市中魚沼郡医師会より     住民の皆さまへ新型コロナウイルス感染のまん延を避けるために 都市部を中心に新型コロナウイルス感染の急速な拡大がみられ、今日本の医療は危機的な状況にあります。これは妻有地域にとっても決して対岸の火事ではありません。妻有地域は医師も診療所も病院のベッド数も日本一少ない地域です。こうした地域で都市部のように…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】③

通常の会話からも感染が広がる可能性も示唆されています。職場、学校、外出時などで人との距離を最低1メートルできれば2メートル取るように意識をして下さい。 これを ソーシャル・ディスタンスというそうです カタカナアレルギーの方には 社会的距離 でいかがでしょうか ようするに人と人の間に適度な距離を保ちながら生活していきましょ…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】②

Personal Protective Actions PPA 「綿密な自己管理」について考えてみました このたびのCOVID-19騒動で思いついた造語ですすなわち 今までの生活活動をひとまず休止して これからの生活活動を考え直すためのヒント 新しい行動変容 普段よりも綿密な体調管理と自主的な行動制限を1日3回の体温測定、…
コメント:0

続きを読むread more

【妻有corona対策組合】

死亡ゼロ(COVID-19関連死亡者)ECMOゼロ(ICU管理が必要な患者)挿管ゼロ(気管内挿管が必要な患者)重症肺炎ゼロ(酸素吸入が必要な患者)クラスターゼロ(集団感染を防ぐ)感染者ゼロ(あくまで持ち込まない) きのうまではまだ曇り空ときどき雪やあられも降ってきますみんなで一緒に粛々と対策を練ることにしました 妻有corona対策…
コメント:0

続きを読むread more

医療を通して地域を支える中核病院

しっかりと急性期医療をこなししなやかに包括ケアを支える医療の質の向上患者満足度の向上広報誌、ICT利活用による情報提供顧客ニーズの把握連携室から地域連携センターへ組織改革入退院支援機能の強化と推進病病連携・病診連携(とくに公立、公的医療機関)行政(十日町市、津南町)およびいきいきエイジング講座との連携医師会との連携、(ダブル主治医制度、…
コメント:0

続きを読むread more

令和2年度 始まり 始まり

きのうまでが嘘のようです たった一日で様子が変わってしまうなんて 県職人事異動 朝早くから訪れた新人や転入者たちも 緊張した面持ちで はい!ポーズ 実はですねここだけのお話ですがは病院のおとなりにある 講堂なのです そこは県立十日町看護学校 新職員室に新看護学校の新人先生方が勢揃い私も講義を頼まれて…
コメント:0

続きを読むread more

去りゆくシーズン

過去4年間で二人の研修医が巣立っていきました 卒業後最初の2年間はとても重要な修行の時期ですが いろんなことを学び経験して次の道へ進んでいきました そして今年も転出される方 退職される方たくさんの花束が並びました 以前なら 自分自身も定年退職の年感慨深いものがありますが人生120年退職後も続投もしくは違う形での社会貢献は…
コメント:0

続きを読むread more

還暦誕生日

穏やかな誕生日を迎えられたことに感謝 年をとると時が経つのが早いというのは本当でした 60年のうち41年間を自治医科大学という日本の(世界でも)希有な壮大な社会実験 に参加できたことに 感謝 医療の谷間に灯をともす 💡 そしてこれからは 医療の谷間の底上げを 企てんと思っておりまする どうぞこれからも気長に👀⛄…
コメント:0

続きを読むread more