テーマ:日本内科学会

京都 先制医療 おばんざい 万歳

―― 発症してから治療するという従来の医療の考え方では社会の負担が増える一方。すると予防医療が重要、ということでしょうか。  単なる予防医療ではありません。もっと早い時点から医療が個々人の将来の健康状態を予測して先手を打つことが求められます。これを「先制医療」といいます。たとえば認知症はいったん発症すると治療は極めて難しいのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more